日本人対決はおあずけ? ケルンFW大迫勇也は風邪でドルトムント戦を欠場か

写真拡大

▽ケルンのシュテファン・ルーテンベック監督は1日、2日に行われるブンデスリーガ第21節のドルトムント戦に向けた会見に出席。日本代表FW大迫勇也の状態について明かした。クラブ公式サイトが伝えた。

▽ブンデスリーガで最下位に沈んでいるケルンだが、直近の4試合は3勝1分けと復調。降格圏脱出まではまだ遠いものの、ここにきて急激に巻き返しを見せている。

▽今節は、移籍期限最終日にガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが退団し、チェルシーからベルギー代表FWミッチー・バチュアイを獲得した6位のドルトムントが相手。来シーズンの欧州カップ戦に出場したいドルトムントも負けられない試合となる。

▽香川真司と大迫勇也の日本人対決にも注目が集まる中、ルーテンベック監督が選手の状態についてコメント。大迫は風邪を引いており、ギリギリまで様子を見守るようだ。

「ビッテンコート、ナルティはケガによりプレーすることができない。大迫勇也は風邪をひいており、最後のトレーニングに参加していない。金曜日に問題がないかを確認する」