前半で4バーディを奪った池田勇太 首位と1差と迫っている(写真は練習日)(撮影:GettyImages)

写真拡大

<メイバンク選手権 2日目◇2日◇サウジャナG&CC(7,186ヤード・パー72)>
マレーシアのサウジャナG&CCにて行われている欧州とアジアの共催大会「メイバンク選手権」2日目。雷雲の影響で順延となっていた初日の競技が終了し、午前組の全選手が第2ラウンドをスタートさせている。
【連続写真】世界NO.1の呼び声も 松山英樹の2018年最新スイング
初日を日本勢最上位となる4アンダー・12位タイ発進とした片岡大育は、前半9ホールで2ストローク伸ばし、首位と1打差のトータル6アンダー・6位タイに浮上。ともに初日を1アンダー・71位タイとした谷原秀人と池田勇太もスコアを伸ばし、片岡と同順位につけている。
トータル7アンダー・首位タイにアレクサンダー・レヴィ(フランス)、クリス・ペイズリー(イングランド)、エディ・ペパレル(ともにイングランド)、ジョティ・ランダワ(インド)、スティーブン・ギャラハー(スコットランド)が並走している。
初日に2オーバー・132位タイと大きく出遅れた石川遼は、日本時間の午後2時からスタート。国内賞金王の宮里優作は1アンダー・71位タイから午後2時10分にティオフする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

メイバンク選手権 初日の結果
松山英樹が出場 ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン初日の結果
【注目選手スイング解説】FWキープ率上位の片岡大育は再現性の高い“小回り型”
【石川遼・復活優勝へ】従来の“石川スタイル”が、目前の1勝へのカギとなるか
石川遼、スイング改造の参考にしたのはあの名選手