楽天のロゴ。

写真拡大

 楽天は、インターネットショッピングモール「楽天市場」の商品を、全国約2万局の郵便局を指定し、そこで受け取ることのできるサービスを1月29日から開始した。

【こちらも】楽天とビックカメラ、「楽天ビック」立ち上げのため提携へ

 現在、EC市場は拡大の一途をたどっているが、同時に多くの軋みをもたらしてもいる。特に深刻な問題として指摘されているのはEC物流の問題、再配達などによる運送業者に対する過重負荷の問題である。

 受取ロッカーの設置であるとか、様々な対策が練られている。楽天が行っているものとしては、コンビニエンスストアでの受取、受取ロッカー「楽天BOX」、日本郵便の宅配ロッカー「はこぽす」の普及などがある。そうしたものの一つとして楽天が打ち出したのが今回の新たなサービスというわけだ。郵便局は、ネットワークが巨大で、支店の数がとにかく多いという利点がある。

 利用方法は、商品購入手続きの「注文確認ステップ」にて、配送方法として「郵便局受取」を選択し、地図に表示された郵便局から希望の郵便局を選択。商品到着後は、楽天市場より受取用の「お問合わせ番号」と「認証番号」が記載されたメールが送られるため、それを郵便局の窓口で見せて商品を受け取る。なお、通知は、メールに加えて、楽天市場アプリのプッシュ通知でも取得可能だ。

 楽天は今後も、ECの健全な発展のために、配達効率化の道を探っていくとしている。

 その他、サービスの概要は以下の通りである。

■概要

 ・サービス開始日:2018年1月29日(月)

 ・受取可能郵便局:一部を除く全国約2万局の郵便局窓口

 ・受取可能期間:指定郵便局への商品到着後7日まで