【速報】錦織圭、4強目指す復帰2大会目、第1セットをタイブレークの末に先取[ATPチャレンジャーダラス/準々決勝]

写真拡大

右手首ケガから約5ヶ月ぶりに復帰し、2大会目「ATPチャレンジャーダラス」を戦っている錦織圭(日本/日清食品)。復帰後初の連勝で勝ち進んだベスト8では、世界ランク295位ドミニク・コプファー(ドイツ)と対戦。第1セットをタイブレークの末に7-6(3)で先取した。

先週行われた復帰初戦「男子テニスATPチャレンジャー ニューポートビーチ」では、1回戦負けに終わった錦織。2大会目となる「ATPチャレンジャーダラス」は、1回戦でデニス・ノビコフ(アメリカ)にストレート勝ち(6-3、6-3)。2回戦で世界ランク162位マティアス・バッキンガー(ドイツ)相手に苦戦するも、粘りのテニスでフルセットの末に勝利(4-6、6-4、6-4)を勝ち取った。

2回戦終了後「こうしたタフな試合をしていく方が、身体の負担は増えるが、試合の中で得られるものは大きい」「しっかりリカバリーして頑張りたい」と語った錦織。ベスト8では、ラッキールーザーで本戦入りした世界ランク295位コプファーとの対戦となった。

試合は、コプファーのサーブからスタート。第1ゲーム、最初のポイントを取った錦織だがコプファーがサーブで押し切ってキープ。第2ゲームは錦織がフォアハンドのウィナーで1ポイント目をとるなど、キープした。

第3ゲームで錦織はさっそくブレーク。深いリターンから相手のミスを誘うなど、2回戦終盤の良さを継続する。そのままリードしたい錦織。だが、第4ゲームでロングラリーを制するなど持ち堪えるも相手にブレークバックを許してしまう。

その後はお互いキープする展開が続く。錦織は序盤力みがあったファーストサーブも少しずつ入るようになり、徐々にペースをつかみ始める。しかし、相手のコプファーもストロークにキレが出て、ゆずらない。

結局、第1セットはタイブレークにもつれこみ、最後は錦織が7-6(3)で取り、第1セットを先取した。

(テニスデイリー編集部)

※写真はシティ・オープンのときの錦織圭
(Photo by Tasos Katopodis/Getty Images)