3連覇がかかる松山英樹は2アンダーで初日を終了!(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 初日◇1日◇TPCスコッツデール(7,266ヤード・パー71)>
アリゾナ州のTPCスコッツデールにて行われている米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」。全選手が初日に競技を終え、ビル・ハース(米国)が7アンダーで単独首位に立った。
【連続写真】世界NO.1の呼び声も 松山英樹の2018年最新スイング
2打差2位タイには16年大会で松山英樹とプレーオフを繰り広げたリッキー・ファウラー、チェッソン・ハドリー(ともに米国)ら5人が、3打差7位タイには世界ランク2位のジョン・ラーム(スペイン)ら5人が続いた。
大会3連覇がかかる松山は、首位と5打差の2アンダー29位タイに。そのほかでは、世界ランク4位のジャスティン・トーマスと昨年の新人王ザンダー・シャウフェレ(ともに米国)が3アンダー12位タイ、昨年大会でプレーオフの末、松山に敗れたウェブ・シンプソン(米国)は1オーバー83位タイとなった。
【初日の結果】
1位:ビル・ハース(-7)
2位T:リッキー・ファウラー(-5)
2位T:ビリー・ホーシェル(-5)
2位T:ブライソン・デシャンボー(-5)
2位T:チェッソン・ハドリー(-5)
2位T:クリス・カーク(-5)
7位T:ジョン・ラーム(-4)
12位T:ジャスティン・トーマス(-3)
12位T:ザンダー・シャウフェレ(-3)
29位T:松山英樹(-2)
83位T:ウェブ・シンプソン(1)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山英樹、3連覇へ フェニックス・オープン初日のスコア速報
R・ファウラーとの「スペシャルバトル」を勝ち抜いた「新スター」【舩越園子コラム】
松山英樹も困惑? スイングの謎に迫られ「僕にも分からない」
松山英樹が結婚の発表を伏せていた理由とは?素顔を見せない松山の“哲学”【Pick Up 米国男子ツアー十大ニュース】
ピン『G400 MAX』ドライバー、『G700』アイアンはHSが遅い人の新たな選択肢