錦織「楽しかったし自信にも繋がった」ベスト4に向けてメッセージ[ATPチャレンジャーダラス]

写真拡大

「ATPチャレンジャーダラス」2回戦で世界ランク162位のマティアス・バッキンガー(ドイツ)と対戦し、4-6、6-4、6-4の逆転勝利を収めてベスト8進出を決めた錦織圭(日本/日清食品)が、公式アプリを通じてメッセージを公開した。

錦織はメッセージの冒頭で昨日の試合について「昨夜の試合は本当にタフだった」と語っている。続けて、試合の内容にも言及した。
「少し出遅れてしまい、ファーストサーブのミスが多すぎてセットを失ってしまった。第2セットでは調子を取り戻し、良いプレーができた。最後の数ゲームはほぼ完璧だった。このように試合を終えることができて満足している」
第1セットではまだエンジンが掛かっていなかったのか、ミスも目立った錦織だが、第2セット、第3セットと調子を取り戻し、その出来には満足できたようだ。

錦織は、続く試合についても次のようにコメントをしている。
「コートでプレーするのは楽しかったし、自分の自信にも繋がった。ここで何試合もプレーできればと思っている」

復帰後の第1戦では1回戦敗退となり、プレーを続けることができなかった。今回の「ATPチャレンジャーダラス」ではベスト8まで勝ち残り、あと3回勝利すれば復帰後初優勝となる。

準決勝進出をかけた第3回戦は日本時間2月2日(金)午前10:00より開始予定。相手はラッキールーザーで本戦入りした世界ランク295位ドミニク・コプファー(ドイツ)。2回戦終了後には「良い試合ができたし、しっかりリカバリーして頑張りたい」と話した錦織、どんなテニスを披露してくれるのか注目が集まる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は昨年の「BNPパリバ・オープン」での錦織圭
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)