文部科学省の起業家育成プロジェクト「EDGE NEXT」に参加して、シリコンバレーに来ています。

 ベンチャーキャピタルをはじめ、様々な人といろいろな議論をしていますが、つくづく日本のというか、自分の商才のなさを感じています。

 今回から数回は、インターネットメディアの未来を読み、そこで顧客の真のニーズに合致して成功した人々の仕事を、それができないまま同じ時代を空費した私たち東京大学での取り組みとを並列して示し、何が重要かを考えてみたいと思います。初回はイントロとなります。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ゲノミクスとインターネット
クレイグ・ヴェンターの反逆と成功

 以下はご存知の方にはよく知られた逸話ですが、少し違った角度からスケッチしてみます。

 1995年、カリフォルニア州パロアルト在のスタンフォード大学でコンピュータ―科学教授を務めていたテリー・ウィノグラードは、東部のミシガン大学出身の大学院生を1人採用することにしました。

カリフォルニア州マウンテンビューにあるグーグル本社


 ウィノグラードは「自然言語」を用いた人工知能研究で知られ、人間とコンピュータ―の関係を深く広範に考えるシステムで知られたサイエンティストです。

 1995年と言えば、言わずと知れた「インターネット元年」と言うべき時期、つまり1990年前後に冷戦が終結し、大陸間弾道ミサイル防衛を念頭に張り巡らされた「ARPA NET」が民生に開放され「インターネット」が準備されつつありました。

 同時に、東西冷戦という戦略シナリオを失った唯一超大国米国が、地球環境とか生命といった人類普遍の攻略目標を新たなターゲットに見出し、ヒトゲノム計画(1990-)などが鋭意推進されていた時期に当たります。

 翌1991年、米国立衛生研究所のとある研究員が、ヒトの脳に含まれる“mRNA”の断片を集めて研究資源とするべく特許を申請し、多くの同僚から非難を浴びました。

 カリフォルニア大学サンディエゴ校出身のこの生化学者、クレイグ・ヴェンターは、獲得した原資をもとに非営利の研究財団TIGRを設立、自然言語処理技術を駆使して様々な生物の全ゲノムをいち早く確定、1995年にはインフルエンザ菌の全ゲノム配列の確定に成功していました。

 インターネットの世界公開と、並行して進んでいた「ゲノミクス」を背景とする「自然言語処理技術」この両社の接点が、今日2010年代に現実的な展望を与える情報技術の大半のベースを与えていると言って、決して過言ではないと思います。

 なぜ「ゲノム」が「自然言語処理」なのか?

 ピンと来ない学生もあるようなので補足しておきますと、ゲノムというのは

 アデニン グアニン シトシン チミン

 という4つの塩基の配列で作られた遺伝暗号、ないし遺伝通牒で、いわば4つだけのアルファベットでできた文字を解読して、生命がそこから細胞や膜、臓器や個体を作っていくとう、壮大な「文章」が記されているわけです。

 この解析に、長年ウィノグラードなどが研究開発してきた「自然言語処理」(今日的にはデータマイニング技術と言う方がスマートかもしれませんが)が大活躍したわけです。

 特許を申請し、財団を設立、ゲノム解読の情報を有料提供しようとしたヴェンターは、全世界の全学会から多大な非難を浴びますが、彼らが考案した効率の良い検索法「ショットガン・サーチ」は著しい成功を収めます。

 結果的に官製のヒトゲノム計画もスピードアップし、元来は15年計画とされていたヒトゲノムの解読は2000年時点で一通り終了、また「IT革命」なるキャンペーンも2000年春には終わってしまいます。

 こうした自然言語処理のゲノミクス応用とそれによる経済的な成功を横目に、誕生し成長しつつあったインターネットの世界の「ゲノム」つまり全体像を考えた大学生がいました。

 ミシガン州立大学の計算機科学教授の息子だった彼は、より発展的な研究を、自然言語処理のパイオニア、ウィノグラードの元で推進したいと考え、東部のミシガンから西部のカリフォルニア、スタンフォード大学大学院に進学します。

 それが当時22歳だったローレンス・エドワード・ペイジ(1973-)でした。

グーグルの誕生と成長

 22歳のローレンス・エドワード・ペイジ、長い名前は略して「ラリー」と呼ばれましたので、以下でもラリーと記すことにします。

 ラリーはスタンフォードで、同い年ながらすでに修士号を取得し、インターネットで用いるハイパーテクスト形式のデータの自然言語処理に通じた院生を見つけます。

 ソ連生まれで米国に移住してきた、やはり計算機科学者の息子であったセルゲイ・ブリン(1973-)です。

 ラリーとセルゲイの2人は1995-98年にかけて共同研究を進め「大規模ハイパーテクスト・ウエブ検索エンジンのアナトミー(The Anatomy of a Large-Scale Hypertextual Web Search Engine)」と題された論文と最初の検索エンジンシステム、バックリンクを検索する「BackRub」を実装します。

 ラリーは修士号を取得後、博士課程を休学、こうした検索システムを発展させるために会社を作ることにします。

 それがグーグルにほかなりません。

 現在でも両者は創業者としてグーグル全株の16%を保有、ラリー・ペイジの資産は400億ドル、4兆円超などと言われ、そうしたサクセスの面にばかり世間の視線はちらちらしやすいですが、ここではもう少し落ち着いた観点で検討してみましょう。

 世の中には様々な起業家育成のプロジェクトが存在しますが、成功した起業の基幹には必ずコアとなる「技術」と、それに完全に通暁したコア人材のエンジニアが存在します。

 グーグルの場合は、コアとなる技術を完成するのに1995年から98年の3年間を費やしている。この間は、下手すれば債務となりかねない資金調達などはしていません。

 1998年以降、起業して急速に成長しますが、その企業として成長するにあたって、ネット検索のコア技術を持たない別の経営のプロとしてエリック・シュミット(1955-)が後から参加します。

 20代のラリーとセルゲイだけでは必ずしも十全でないマネジメントを、酸いも甘いも噛み分けた40代のエリックがCEO(最高経営責任者)として舵取りする体制が整ったのは、エリックの出身母体、サン・マイクロシステムズの創業者アンディ・ベクトルシャイムがグーグルへの最初の出資者だったから、といった背景があります。

 しかし経営のプロとして入っているエリックにしても、元来は電気工学の専門家でコンピュータ―科学者として博士号を取り、パロアルト研究所やベル研究所で研究者としてスタートし、やがて研究統括で管理能力を認められ、追々技術経営で成功しているわけです。

 こういう部分を軽く考えるべきではないと私は思います。功を焦って若い人が、まだ手元に何の技術も、コアとなる基幹競争力もないのに、起業だ成功だIPOだと報酬ばかりを狙うような風潮を一部では見かけますが、そうしたものが成功する勝算は、決して高くないと思います。

 手についた技術が1つ以上なければ、技術経営などできないし、まして企業経営の難局にあたって、R&Dの重要判断など下していけるわけがありません。

 グーグルは1998年9月の創業時、売れるものがまだ何もありませんでした。ベンチャーキャピタルの前でプレゼンテーションしても、検索エンジンの真価を理解してくれる人はほとんどいない。

 そんな状況下、ラリーとセルゲイの技術の確かさを見抜いて、ポンとお金を融資してくれた「エンジェル」がいました。

 それがサンの創始者、アンディで、まだ何もない25歳の2人に、10万ドル=1000万円ほどの資金が提供され、グーグルはアパートの一室で創業されます。

 しかし、その後短期間で、グーグルは急速に評価されるようになり、1億円ほどの資本を集めることに成功、翌1999年にはパロアルトに社屋を構え始めることができました。しかし、この時点でもグーグルにはまだほとんど売り上げがありませんでした。

 結局、25億円ほどの融資を受けて1年ほど経ってからグーグルはYahoo!のサーチエンジンに採用され、ネット広告業務アドワーズのスタート以降、グローバル企業としての本格的な成長期に突入します。

 2004年、グーグルは人工衛星写真による映像や地図を管理する企業Keyholeを買収、その技術を使ってグーグルマップやグーグルアースを確立―発表し、スタンダードの地位を不動のものにしたように思われます。

 これらは、経営拡大の途上で思いつかれたアイデアなのでしょうか?

 少しこれについて考えてみたいと思います。

世界のゲノムを解読する?

グーグル本社内でアンドロイド・モニュメント・エリアを訪れる観光客


 グーグルは社是として「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」を掲げています。

 グーグルアースは言ってみれば、世界全体を情報として取り込み、誰もがコンパクトに<世界の全体><情報の全体>を手に取って見ることができる、新しい時代を作ったものであるように思われる・・・。

 ここからどうしても想起されるのが9年前、つまりいまだグーグルの起業などなく、ラリーとセルゲイの2人もただのスタンフォードの学生だった1995年に、米国NHIにあっかんべーしながら鋭い検索技術でゲノミクスを塗り替えていたクレイグ・ヴェンターの仕事です。

 言ってみれば、グーグルはマップやアースを使って、地球全体、全世界すべての情報の「ゲノミクス」のデファクト・スタンダード奪取を狙っていたのではないか・・・?

本社内に停められたグーグル色したグーグルバイク


 グーグルと言うと、シリコンバレーの面白いやつらを囲い込む、クレイジーなハッカー文化を自己演出しているといった批判もしばしば寄せられます。

 しかし、確固たるグーグルの経営方針の背後に「***のゲノムの全体をビジネスにする」という発想があるように私には思われてなりません。

 そういった観点から、情報イノベーションの起業戦略を、改めて考えてみたいと思うのです。

(つづく)

筆者:伊東 乾