EVのリーフが、氷上や雪上で思いがけない走りの良さを発揮した Photo by Kenji Momota

写真拡大

日産雪上試乗会での驚きの体感
まずは、氷上で身体ならし

「まさか、これほど運転が楽になるとは。いや、楽なだけではなく、運転が楽しい」

 リーフでの雪上公道試乗を終えた直後、筆者は日産の電気自動車開発担当者らにそう伝えた。

 実は筆者はこれまで、日産が提唱する、ブレーキべダルをあまり踏まずにアクセルで走行速度を積極的に調整する「e-ペダル」に対して批判的な意見を持っていた。だが今回の試乗で、筆者は日産から強烈なカウンターパンチを食らった感じがした――。

 1月後半、日産自動車が恒例の氷上・雪上試乗会を行った。場所は、長野県佐久郡の女神湖、及びその周辺の一般道だ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)