東京・品川区にあるコンパスが運営する直営校「Qubenaアカデミー」本校。このほか、2018年1月末現在で、神奈川、埼玉、千葉、長野、静岡、三重、徳島に26社の導入塾が存在する(写真:コンパス)

東京・品川区に人工知能技術(AI)を活用した最先端の教育を行っている「Qubena(キュビナ)アカデミー」というユニークな学習教室がある。運営するのはCOMPASS(コンパス)というベンチャー企業で、2012年に八王子に中学生向け学習塾を開校。その後、2014年にAIタブレット教材「キュビナ」の開発に着手、2015年に同アカデミーを開校した。

キュビナは、用意された問題に対して生徒が解答していくというスタイルであり、これは一般的なデジタル教材と変わらない。違いは、AIを活用していること。正誤の判定をするだけでなく、生徒がタブレットに入力する解答プロセス(画面上にメモした計算過程など)や解答スピードなどの情報を集積し、その情報をAIがリアルタイムに解析するのだ。

学習スピードを7〜10倍にまで高められる

たとえば不正解であった場合には、その生徒がつまずいている要素を分析。最適な出題を続けることで効率的に、より理解度が深まる学習が行えるようにする。


「Qubena」の中学1年生用の画面。iPadやAndroid OSのタブレット上で動作する(筆者撮影)

もちろん、正解だった場合には次々とステップアップした問題が出され、生徒が単独でも先の内容に進むことができる。キュビナアカデミーによると、この手法により、一般的な授業進度に比べて、学習スピードを7〜10倍にまで高められるという。

たとえば同アカデミーに通う生徒は、中学3年間の数学の学習内容を最速で9カ月間で習得できるとのことだ。

キュビナはつまり"間違え方"の解析までを可能にした電子教材といえる。コンパスの創業者でCEOを務める神野元基氏は「究極のマンツーマン指導を目指した、アダプティブラーニング(適応学習)です」と話す。


定規やコンパスといったツールもあり、数字入力だけでなく、作図問題にも対応。欄外のメモ、計算の途中過程、スピードなども記録され、AI技術による出題のための解析に利用される (写真:コンパス)

キュビナアカデミーに通う生徒たちは、教室で1人1台のタブレットを使用する。端末への入力はペン型のデバイスで行われ、フリーハンドで文字認識できる。

ユニークなのは定規やコンパスといったツールに至るまで、画面上でアナログに類似したインターフェースで利用できるという点だ。これらにより、計算問題のみならず、生徒がつまずきがちな図形問題へも対応する。

そしてそれらを利用して、生徒が解答するプロセスを記録しながらリアルタイムで解析。同じ不正解でも、単なる計算間違いなのか、そもそも解法が習得できていないのかといったことまで分析し、必要に応じて学習する学年を超えた単元にまでさかのぼって最適な出題を続ける。

学習する生徒側にとっては、不適切な出題に当たる確率が低くなり、効率的に学べるうえにつまずきも少ないため、苦手意識を感じることなく学習ができ、算数や数学嫌いをなくすことができるというのがメリットだ。

必須教科以外の最新技術を学ぶ時間を増やしたい

神野氏がキュビナを開発したもともとの経緯は、子どもたちに"未来を生き抜く力"を培ってもらうためだ。八王子で学習塾を開く前の2010年にシリコンバレーでの起業経験も持つ神野氏が出合ったのは、2045年に迎えるといわれている"シンギュラリティ"の概念だ。


コンパスの創業者でCEOを務める神野元基氏。ポーカーの世界大会で世界19位となった他、大学在学中から起業家として活動し、シリコンバレーでの起業経験も持つなど異色の経歴の持ち主だ (筆者撮影)

日本語では"技術的特異点"とも訳されるこの考えは、つまりはコンピュータが人類の知性を超えること。人工知能の発展により、今以上に多くの職業が人間に取って代わられるとされているが、神野氏はその時代に人間に求められる能力は「圧倒的な能動的思考力」だと考えている。ところが、現代の小中学生たちは塾や習い事などで意外に忙しい。

生き抜くために培っておいたほうが好ましい新しいテクノロジーや技術を学ぶための時間が足りない。そこで、学校で勉強する算数・数学をはじめとする必須科目を効率的に習得するためのツールを考え出したというのがキュビナを開発した神野氏の理屈だ。

キュビナアカデミーは、算数・数学以外に、3DプリンターやVR、ドローンを活用したワークショップやSTEM(科学・テクノロジー・工学・数学)教育講座も不定期で開催している。神野氏によると、これらは将来的に産業の中心となるであろうとされる技術で、いわばこれからの時代を生き抜くための"三種の神器"ともいえるものである。

子どものうちからこうしたものに触れておくことで、生き抜くために必要とされる創造性につながると考えているとのことだ。そこでキュビナが提供する効率的な学習方法によって生み出された時間に、こうしたものを体験するための場も併せて提供されている。

キュビナは現在のところ、小学校1〜6年生と中学1〜3年生向けの算数・数学の教材を用意する。ほかの教科への展開ももちろん予定されているが、最初に算数・数学からスタートされた理由も、こうしたデジタルツールを使いこなすのに必要なプログラミングやモデリングの知識や技術を理解するために必要な基礎学力だからだ。

キュビナアカデミーのもう1つのユニークな点は、現時点では通学制の学習塾であること。生徒はタブレット端末に向かって勉強をするため、自宅学習でもよさそうなものだが、あえて通学の形式を採用している。そして、教室には教師も在席する。


生徒それぞれの学習進度や理解度などを瞬時に把握しながらアドバイスが行える(写真:コンパス)

しかし、通常の塾との違いは、基本的に先生自身は勉強を教えないこと。勉強を教える"ティーチング"はあくまでキュビナ=人工知能の役割で、先生は"コーチング"のために生徒の傍に寄り添う。その役目は、モチベーションの上げ方や勉強に取り組む姿勢の保ち方を教えることで、いわゆる生徒のメンタル面をサポートするためだ。先生は学校や学習塾の教職経験者を採用しており、必要に応じて学習指導を行うこともあるが、基本はコーチングに専念する。

キュビナには「キュビナマネージャー」と呼ばれる先生用の管理画面も用意されており、生徒それぞれの学習進度や理解度などを瞬時に把握しながらアドバイスが行える。

「算数・数学は積み重ね学習が重要な教科です。一度つまずいてしまうと、理解の遅れを取り戻すのが難しく、さかのぼって個別指導を受けるのが理想ですが、実際にはさまざまな事情でそうした対策が難しい。人工知能の活用でそうした問題も解決できます」(神野氏)

2018年春から通信制を開始予定

キュビナアカデミーでは、子どもに働きかけを行う"コーチング"にこだわる。「子どもたちに接していると、どの子も心の底では勉強をしなければならないということは理解しているように感じます。結局のところ、なぜ勉強しなければならないのかということや、どうやって嫌なことにも取り組めるようにするかという自己調整機能や自己管理能力が学力を大きく左右する要素なのです」と神野氏。さらにそのメンタルをケアする相手については、人工知能に対する最終的な権威として、あくまで人間の役割であることを守るべきだと強調する。

2018年春からは通信教育方式の「Qubena wiz」も開講される予定だ。しかし、従来の教室を構えるスタイルの学習塾は続ける方針。「ユーザーの近くで教材を作ることに意味がある」というのが理由で、通信教育は住んでいる地域や環境により、キュビナアカデミーには通えない子どもをはじめ、より多くの子どもたちにキュビナのメソッドを届けるために用意する。

そのため、自主学習という方式ではなく、自宅に居ながらも曜日と時間を決めて、キュビナによるAIティーチングと、教室の場合と同様に、コーチングのための講師とリアルタイムでチャットができる環境をウェブ上で提供するという。

今後は、コーチングのための保護者向けのツールも提供していく意向だ。現在不定期で開催している、最新テクノロジーを学ぶワークショップに関しても、現在は1人の教師が兼任しているティーチングとコーチングの役割を、算数・数学と同様に人間と人工知能が分業できるような形を整えることで効率化を図り、より多くの機会を提供できるようにしたいという。