「東京は所詮、田舎者の集まりだ」

時に揶揄するように言われるこの言葉。

たしかに東京の中心部には、様々な「田舎」や「地元」を持つ者があふれている。

遠く離れた地方出身者はもちろん、東京出身者でさえ「地元」への想いを抱えている。

あなたにとっての、「地元」とは?

前回は横浜出身の商社マン・亮太を見てきた。今週は?



【今週の地元愛をさけぶ男】

名前:新次郎
年齢:32歳
職業:不動産会社経営
年収:約3,000万
出身地:青山
現在の居住地:青山



青山出身ですが何か?


「この界隈は、昔はなにもなかったんですよ。東京ミッドタウンがある場所なんて、元々は防衛庁だったし。 」

『ウエスト 青山ガーデン』でコーヒーをじっくり一口味わうと、新次郎は店から見える庭を眺めながら、可笑しそうに語り始めた。

「最近は港区がフィーチャーされて色々と話題になっていますが、僕たちからすると港区は生まれ育ってきた“地元”。何も、特別ではないんですよ。」

大学卒業後、新卒で大手広告代理店に入社したという新次郎だが、30歳を前に父親の会社を継ぐために退職し、現在に至る。

新次郎が社長を務めているのは、彼の父親が所有している土地を管理するための会社で、商業ビルの売買なども行っている。

「幼稚園も小学校も、中学校も、物心ついた時からこの街にいる。地方出身の人からは驚かれますが、ここが地元なだけなんですけどね。」

「青山に実家?」と驚かれることに、新次郎の方が逆に戸惑うこともあったそうだ。

「恵まれているのかな…自分だとよく分からないです。」

そう謙遜するものの、地方出身者からすると彼の生い立ちはまるでトレンディドラマのように華やかに見えるだろう。

また、彼のバックグラウンドに惹かれて寄ってくる女性も多い。しかし、一見するとソフトな印象の新次郎だが、女性を見る目はかなり厳しく、そこには青山出身ならではのこだわりが垣間見えた。


青山ボーイの理想女子は、“元”遊んでいた人!?


社会人デビューはお断り


現在32歳で独身。長年交際している彼女がいると言うものの遊びも抜かりなく、自由奔放で何不自由なく暮らしている新次郎。

そんな彼が好きなタイプの女性とは、一体どんな人なのだろうか。

「我儘な父を見守り続けてきた母の影響もあって、センスがあって美人で、僕のことをそっと見守ってくれるような女性が良いかな。」

わりと一般的な理想像を語る新次郎だったが、さらに話を掘り下げて聞くうちに、東京の中でも特に都心部出身者ならではの本音が飛び出してきた。

「外見は華やかで美人の方が良い、という大前提はさておき...。内面は、ある程度色々な世界を知っていながらも、控えめな子がいいですね。そして嘘がない子、かな。」

一旦静かにコーヒーカップを置いてから、新次郎は話を続ける。

「東京って色んな人が全国から集まって来るじゃないですか。だからそれまでのバックボーンが分からない人も多いし、女性なんて特にどこまで本物かも分からない。」

自分を偽ろうと思えば偽ることもできてしまうのが、東京という街の恐ろしさ。

そんな中で、昔から東京の中心で生きてきた新次郎からすると、そのような“フェイクまみれな女性”は論外である。

学生時代から東京でそれなりに遊んでいると、様々な人間を目の当たりにしているため、経験値も高い。

「“フェイクまみれな女性”は、なんとなく僕のレーダーが察知するんですよ。じっくり話を聞いていると必ず矛盾があったり、なんとなく腑に落ちないことがあるんですよね。その小さな違和感を大事にしてます。」

そう言って、爽やかな笑顔を見せる新次郎。

「あと、僕たちが学生時代にやっていたようなことを、大人になってからやってる男女を見ると、“まだそんなことやってるの?”と思う時もあります。」

新次郎や彼の友人たちの多くが、東京での派手な遊びは若いうちに一通り終え、社会人になったらむしろ落ち着いているという。

「だから女性も、若い時にある程度色んな世界を見ていながらも、自分をしっかり持っている子は魅力的だな、と思います。」

今でも港区には来るが、港区女子のような生活は学生時代の終わりとともに卒業しているような女性が好きなのだと言う。

“港区歴=年齢”の新次郎は、一歩引いて今の港区と港区に集まる人を見ているようだ。




そんな新次郎が普段遊ぶエリアは、実家近くの青山、外苑前、表参道はもちろんのこと、六本木、西麻布など。言うまでもなく、非常に狭いエリアである。

「高校まで暁星だったので、あっち方面にもたまに行きますが、僕の持論としては“移動時間”が人生で最も無駄な時間。だからあまり遠くには行かないですね。」

新次郎なりの哲学があるようだ。


そんな新次郎の、華やかな交友関係とは?


普段遊ぶのは昔からの仲間ばかり


「日本橋の方とかにも友達はいますが、気がつけば遊ぶのも食事をするのもいつも港区界隈。練馬区とか、遠いからまず行かないし、全く知らない。それだったら、ハワイの方が近いように感じます。」

極端な例えに聞こえるが、新次郎にとってはそれほど、地元である青山やその近辺を愛しているということだろう。それ以外の東京にはまったく興味がない。

「セーフティーゾーンから出たくない」と笑う新次郎。

「レストランも買い物も、港区には一流のものが揃っている。だからわざわざ港区からでる必要なんて、ないですよね?」

これが、青山で生まれ育った者の感覚のようだ。

そんな新次郎に、現在の交友関係を聞いてみた。

「未だに、遊ぶのは昔からの仲間ばかりですね。社会人になってから仲良くなった人もいるけど、結局安心できるのは似たような境遇で育ってきた仲間たちです。」

東京にいると遭遇する“幼稚舎グループ”や“初等部仲間”の集団。

新次郎は、典型的なそのグループに属している。

「食事会も、男同士での飲みも、そのメンバーが多いですね。もはや家族みたいな感じかな。」

レストランも、都内の至る所に知り合いが経営する店がある。

同級生が経営しているお店、昔からの顔見知りがやっているバー。それに家族でよく通っている老舗など、新次郎にとって東京、特に港区界隈は単なる庭でしかない。

「飯倉片町の『キャンティ 飯倉片町本店』は、週末に家族でイタリアンを食べに行く店。『まい泉』は高校時代、お腹が空いた時によくお世話になっていた店、ですね。」




新次郎にとって、東京はただの日常でしかない。

「むしろ地方に実家がある人は、お正月とか夏休みとか楽しそうでいいなぁーと憧れた時もありました。」


地方出身者に対して、特に深い感情はなし


「とは言え、僕の周りは皆東京出身だし…そんなに地方出身の人って、いるんですかね?」

現在、新次郎の周囲にいる遊び仲間には、地方出身の人がほぼいない。

「会社員時代には関西出身のクライアントさんがいて、関西弁に憧れたりもしました(笑)でも普通に話しているのに怒っているのかとも聞こえるあのイントネーションが、未だに慣れなくて…」

仕事で地方へ飛ばされるなんて、ありえないとも語る。

「地方へ行くくらいならば、海外の方が断然良いですね。いずれは自分の会社を誰かに任せつつ、ハワイと半々に暮らす生活がいいなと。」

東京・青山で生まれ育った新次郎にとって、日本国内の地方よりも、アメリカ・ハワイの方が遥かに近く、身近な場所だった。

▶NEXT:2月9日 金曜更新予定
関西男の気高きプライド。山手合戦、いざここに。




あなたの結婚観教えてください!​
アンケートへの回答はこちら​から!
<回答期間:2018年1月30日(火)〜2018年2月6日(火)>