<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 初日◇1日◇TPCスコッツデール(7,261ヤード・パー71)>
アリゾナ州のTPCスコッツデールにて、米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」開幕。3連覇のかかる松山英樹は、2バーディ・ノーボギーとスコアを2つ伸ばしてハーフターンを迎えた。
【連続写真】世界NO.1の呼び声も 松山英樹の2018年最新スイング
リッキー・ファウラー、ウェブ・シンプソン(ともに米国)と10番ティから出た松山は、13番パー5で40ヤードの3打目をピンに絡めてバーディを先行させると15番でもバーディを奪取。現時点で首位と1打差の7位タイと好位置で折り返した。
現在のトップは3アンダーのファウラー、トニー・フィナウ(米国)ら6人となっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山英樹、3連覇へ フェニックス・オープン初日のスコア速報
松山英樹、3連覇達成へのカギは!? 過去2年のスタッツを振り返る
松山英樹も困惑? スイングの謎に迫られ「僕にも分からない」
PGAツアーきっての飛ばし屋、 T・フィナウがPING契約プロとしてデビュー
ピン『G400 MAX』ドライバー、『G700』アイアンはHSが遅い人の新たな選択肢