バーンリーに痛手、MFデフールがヒザ手術で最低2カ月以上の離脱…

写真拡大

▽バーンリーは1月31日、ベルギー代表MFスティーブン・デフールがヒザの手術を行うことを明かした。

▽以前からヒザの軟骨に問題を抱えてプレーを続けてきたデフールだが、31日に行われたニューカッスル戦で招集外となった。同試合後にデフールの欠場理由に関して質問を受けたショーン・ダイチェ監督は同選手がヒザの手術を受けることを明かした。

▽なお、バーンリーの伝えるところによれば、今回の手術によってデフールは最低2カ月間の離脱を強いられることになり、術後の経過次第では今シーズン中の復帰も絶望となるかもしれない。

▽中盤でのハードワークと高精度のキックを武器とする万能型MFのデフールは、今季のリーグ戦24試合に出場し1ゴール1アシストを記録。序盤戦で躍進したバーンリーの絶対的主力に君臨。加えて、ベルギー代表通算52キャップを誇る同選手は、ロシア・ワールドカップ本大会のメンバー入りも期待されており、その中での今回の負傷は大きな痛手となりそうだ。