執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

香りのマナーに今、注目が集まっています。自分では、お気に入りの香りだと思っていても、人に迷惑をかけたり、アレルギーの元になっていることも! あなたは、大丈夫ですか?

強い香りで頭痛やめまい、手足のしびれを感じる人も…

洗濯石鹸売り場にズラリと並ぶ香り付きの柔軟剤。数種類の香りをそろえて、その時の気分によって使う香りを変える人もいるほど人気の商品になっています。
柔軟剤はもともと、洗濯物をふんわり仕上げたり、静電気を防ぐなどの効果を狙ったもの。従来は、洗濯物に近づけてかげばわかるほどの香りが、現在ではすれ違うとふわっと香る、汗に反応して香るなど、以前よりも香りが強くなっているよう。

一方、香り付き柔軟剤の人気とともに、香りで困る人も急増しています。例えば、「電車やバスで気分が悪くなる」、「隣の家の洗濯物のにおいでめまいがする」、「柔軟剤のにおいが強い人がいてレストランで食事できなかった」など。症状が重症化すると、頭痛や倦怠感、不眠、筋肉のこわばり、手足のしびれといったことまで起こります。

これは、化学物質過敏症によるもの。壁紙の接着剤など、建築材から発生する化学物質によって不快な症状が起きるシックハウス症候群も、化学物質過敏症のひとつです。アメリカでは10人に1人の割合、日本でも推定70万人はいるとみられています。化学物質過敏症は、一度に大量の化学物質に接触した後や、微量の化学物質を継続して触れた時に出てくるもの。はじめは、1種類の化学物質のみに反応していたものが、ほかの化学物質にも反応するようにもなります。これは、アレルギーと似ており、スギ花粉のみに反応していた人が、ブタクサや猫などにも反応するようになるのと同様です。

強い香りは「毒ガス」と同じと感じる人も

化学物質過敏症の人にとって、柔軟剤の強い香りは「毒ガス」と同じと表現する人も。柔軟剤に限らず、洗剤、消臭スプレー、芳香剤、シャンプー、リンス、化粧品、マニキュア、ヘアスプレーなど。身近なところに、化学物質はたくさんあります。
これに気づかずに放置すると重症化し、外出もままならなくなる場合も。化学物質過敏症は、自分の許容量を超えた時に突然発症します。誰もが発症する可能性があるもの。普段から、できるだけ化学物質に触れないようにすること。また、添加物の入っている食品やアレルギー反応のでる食品は避けるなどして、化学物質を解毒する力を増やすということも予防のひとつになります。

“香害”の加害者にならないためには

また、香りのマナーとして、香りの強い柔軟剤を使用する時は、商品に記載されている使用量を守ることも大切。人は、同じにおいを嗅ぎ続けると、臭覚が鈍り、より強い香りでないと感じなくなってしまいます。これにより、規定の量より多く柔軟剤を使っている人もいるそう。電車やバス、学校や会社など、人がたくさんいる場所では、化学物質過敏症の方がいる可能性もあります。また、化学物質過敏症ではなくても、香りには好みがあり、自分の好きでない香りの中で過ごすのは辛いもの。まわりに配慮しながら、自分の好きな香りを楽しみましょう。