元スペイン代表MFシャビ・アロンソが日本代表を評価「W杯グループリーグは突破する」

写真拡大

日本代表は「戦いにくいチーム」と語り、その理由についても明かす

 かつてスペイン代表や所属クラブで華麗なプレーを披露し、昨季限りで現役から引退した元スペイン代表MFシャビ・アロンソ氏が、6月のロシア・ワールドカップ(W杯)に出場する日本代表について言及。

 バヒド・ハリルホジッチ監督が率いるチームについて「グループリーグは突破すると思う」と太鼓判を押している。「Omnisport」のインタビューで語った。

 レアル・マドリードやバイエルン、リバプールなどで活躍したシャビ・アロンソ氏は、スペイン代表で通算114試合16ゴールをマークするなど、流麗なパスワークを武器とする代表チームにあって司令塔の役割を長年担ってきた。

 2008年の欧州選手権(EURO)で自身初めての代表でのビッグタイトルを獲得。すると2010年の南アフリカW杯では全試合に出場して初優勝に大きく貢献し、2012年のEUROでも全試合先発で史上初の大会連覇を成し遂げた。まさにスペイン黄金期を築き上げた一人だが、そんな伝説的司令塔がロシアW杯に出場する日本代表について語っている。

「日本代表がロシア・ワールドカップでどこまで勝ち進められるか分からないが、相手チームから見ると日本代表は戦いにくいチームだと思う」

 ハリルジャパンを“戦いにくい”と評したシャビ・アロンソ氏。「しっかりと組織されたチーム」と理由の一つを明かしている。またロシア大会での展望についても言及し、勝ち上がる可能性は十分と見ているようだ。

日本代表に向けてアドバイス

 日本代表は6月19日のコロンビア戦を皮切りに、同24日にセネガル、同28日にポーランドと激突する。下馬評で日本の評価は決して高いとは言えないが、シャビ・アロンソ氏は日本の選手について「ダイナミックでエネルギーがある」と称え、次のように続けている。

「ただ以前にもこれらの要素は大事だと言ったが、場合によっては勇気を出してオフェンシブになれば、無限の可能性があると思う」

 元スペインMFが日本代表に向けて一つのアドバイスを送った形だ。さらに日本のポテンシャルを評価し、「グループリーグは突破すると思う」と太鼓判を押している。

 なお、グループHの日本が決勝トーナメントに勝ち上がった場合、ベスト16ではグループG(ベルギー、パナマ、チュニジア、イングランド)の1位か2位と対戦。その壁を乗り越え、初の8強進出を果たせるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images