昨年の不振から脱することができるのか。2015、16年の賞金女王・イ・ボミ(韓国)が、1勝にとどまった17年を乗り越え、再び上昇気流に乗りそうだ。
【関連写真】私服でのオフショットもたっぷりと!イ・ボミフォトギャラリー
沖縄から宮崎と、オフの合宿を順調にこなしながら、開幕戦に備えるボミ。例年、米国で合宿を張っていたが、今年は慣れ親しんだ宮崎の地で最終調整に入る。そんな合宿の合間に、GOLF Net TVの撮影が行われ、そこで今季の目標を高らかに宣言した。
「今年は3勝したいです。あ!いっちゃった(笑)」。明るく話すあたりは、調整がうまくいっている証拠だ。「昨年は自分にプレッシャーをかけすぎていました。今年は3勝に加え、メジャーも勝ちたいです」。出てくる目標の一つ一つが、自信に裏打ちされているのがうかがえる。
オフには家族や知人とのゴルフを通じて、昨年の悩みも解消したという。「試合とは違って、楽なゴルフだと力まなくていいし、結果もいい。試合でもそういう風にすればいいのだと思った」と、リフレッシュに成功してのキャンプイン。「今はトレーニングで筋肉痛」とおどけるが、開幕までの1カ月で、再び国内女子ツアーの頂点を目指す準備に入る。
インタビューでは、これまでのこと、今季に向けて思うことなど赤裸々に告白。最近は好きなアーティストの曲を車の中で歌い、同乗するチームを和ませるというが、なんと挑戦してみたいのがピアノ。「前もやっていたことはありますが、3勝できなかったらリサイタルでもします!」と、ニューボミを披露することを約束。とはいえ、「3勝できなかったら」ということは、仕上がりのよさからいって、リサイタルは難しい!?
<ゴルフ情報ALBA.Net>

イ・ボミが聖火ランナーで冬季五輪を盛り上げる!
ゴルフを“楽しむ”のは違う…イ・ボミが2018年に懸ける思い【特別連載〜イ・ボミは燃え尽きてしまったのか〜】
「2度、衝突もあった」専属キャディ・清水重憲が語ったイ・ボミとの2017年秘話【特別連載〜イ・ボミは燃え尽きてしまったのか〜】
【辻にぃスイング見聞】イ・ボミ不調の原因はダウンスイング “2コマ遅れ”が手打ちを招いた
母・ファジャさんも気付いていた イ・ボミの心労とこれから望むこと【特別連載〜イ・ボミは燃え尽きてしまったのか〜】