こんにちは。若松美穂です。主婦業のかたわらエッセイストなどもやりつつ、楽しく、豊かに暮らすためのさまざまな工夫を提案しています。テーブルまわりを中心に、生活のなかの小さな発見をつづっていけたらと思っています。

高騰している葉もの野菜のかわりに、根菜でチーズフォンデュを楽しみませんか?


今、葉もの野菜がとても高いですよね。そんななか、根菜はまだ手が出やすい価格なので、使うことが増えました。わが家の根菜お楽しみメニューのひとつがチーズフォンデュ。私は、コストコのフォンデュのもとが使いやすいなと感じます。


まず、お湯にパックのフォンデュのもとを漬けてやわらかくします。


商品説明には、その後、お鍋に移して温めると書いてあるのですが、私の場合は、チーズフォンデュ用の耐熱ポットへ! 小さなキャンドルの明かりも、なんだか食卓をほんわかさせてくれます。


この日の根菜は、レンジでチンしたニンジン、サツマイモ、ジャガイモなど。サトイモやレンコンもいいですね。そのほか、ソーセージ、オクラ、アボカド、ミニトマト、フランスパン…。ブロッコリーは市販の冷凍品を使いました。


このチーズフォンデュのもとは、チーズが結構ドシッと重いので、最初のうちはそのままを楽しみ…。


2袋目は、飽きないよう、牛乳を加えてとろみを増やし、食べやすくします。


わが家で使っているのは、何年も前に購入した「HARIO」の3WAYフォンデュポット。小さめなので、収納にも困らず、チョコレートフォンデュやバーニャカウダなどもできて便利です。

【若松美穂(わかまつみほ)】
1972年、宮城県生まれ。お金をかけずにセンスと工夫でおしゃれに暮らすカリスマ主婦読者として、生活情報誌『ESSE』や『サンキュ!』などで紹介され、人気者に。2011年、心理カウンセラーの資格を取得。主婦業のかたわら、エッセイストとしての執筆活動のほか、講演、各メディアへの出演など多方面で活躍。気持ちによりそった提案が主婦の熱烈な支持を得ている。「ペンギンのお茶会」「心を癒す講座」は、全国各地で実施され、リピーターとなるファンもいるほど。著書に「カリスマ節約主婦・若松美穂の暮らし上手の小さなヒント」「私と家族のしあわせ時間」(ともに扶桑社刊)など。夫と、大学生、高校生の娘、母親の5人家族。埼玉県在住。
▼Instagramのアカウント「m_wakachin8」