【各ジャンルのプロたちが語る2018 わからないならコレを買え!】

【詳細】他の写真はこちら



今回は、欲しいものがあるが、そのジャンルに詳しくない、どう選んでいいのかわからないという人に向けた、識者独断(と偏見?)の一押しセレクト企画。本誌ライター陣が、気になるジャンルのベストバイをビシッと提示します。

使いやすさならiPhone。コスパならAndroid



長方形のボディにタッチパネルを搭載するスマートフォン。どれを選んでも、できることに大差はないので、機種選びに頭を悩ませる人は少なくないでしょう。

予算に余裕がある人にはiPhoneがオススメです。使っている人が多いので、操作に迷ったときに教えてくれる人も多いはず。カメラ性能も高く、ビデオ撮影でも活躍してくれます。

コストパフォーマンスを重視するなら、選択肢が広いAndroidスマホが魅力的。SIMフリーモデルなら3万円前後で、中級者も満足できる性能を備えたモデルを選べます。国内メーカー製のキャリア向けモデルは、購入条件によって実質負担金に差が出るので、慎重な検討が必要です。

No.1

大画面&デュアルカメラで、操作性も秀逸!





アップル

iPhone 8 Plus

実勢価格:9万6984円(SIMフリー・16GB)

新デザインの『iPhone X』が注目を集めているが、操作性では指紋センサー内蔵のホームボタンを搭載した従来モデルに軍配が上がる。とりわけ『iPhone 8 Plus』は「大画面」と「デュアルカメラ」という昨今のトレンドを踏まえた仕様なので、長く使い続けたい人にも安心。音質や電池の持ちが良いことも魅力だ。



No.2

そこそこ高性能で、毎月の利用料も節約可能!





シャープ/NTTドコモ

AQUOS sense

実勢価格(NTTドコモ/機種変更):3万456円

実勢価格(au):1万6200円

高精細と省電力を両立する5型フルHDのIGZOディスプレイを搭載。おサイフケータイ、防水・防塵に対応し、指紋センサーも搭載する万能モデル。auら、他キャリアでの取り扱いもあるが、毎月1500円割引の「docomo with」に対応するドコモ版がトータルではコスパが高い。

No.3





モトローラ

Moto G5S Plus

実勢価格:3万6340円

2GHzのオクタコアCPUを搭載するミドルクラス機ながら、1300万画素のデュアルカメラを搭載。背景を美しくぼかして撮ることも可能。2回振るとライトを点灯でき、手首をひねるとカメラが起動するなどのショートカット機能も便利だ。

No.4





ファーウェイ

HUAWEI P10 lite

実勢価格:2万9340円

約3万円ながら、5.2型のフルHDディスプレイ、最大2.1GHzのオクタコアCPU、3GBのRAMなどを搭載。両面に2.5Dガラスを用いた美しいデザインも魅力的だ。昨年最も売れたSIMフリーモデルで、ロングセラーを継続中。

No.5

先進的な機能を誰でも使いこなせる!





ソニーモバイルコミュニケーションズ

Xperia XZ1

実勢価格(NTTドコモ/機種変更):3万1104円

実勢価格(au/機種変更):4万5360円

実勢価格(ソフトバンク/機種変更):4万5120円

国内No.1人気の「Xperia」シリーズ最新モデル。最大の特長は「Motion Eye」と名付けられたカメラシステムで、シャッターチャンスを逃さない先読み撮影やスーパースローモーションなどを楽しめる。初心者でも使いこなせるシンプルな操作性も魅力的だ。

※『デジモノステーション』2018年3月号より抜粋。

text村元正剛