〈定食のススメ〉もはや揚げステーキ!豊洲で70年の肉屋直営「味処いちむら」の牛カツ

写真拡大 (全9枚)

手軽で美味しくて、栄養バランスもしっかりおさえられる定食は、独身サラリーマン&ウーマンの強い味方。豊洲と聞くと最近では芸能人も住むおしゃれな新興住宅地として知られているが、今のような開発が始まる以前から、この地に精肉店を構え地元の人々に愛されてきた。1階は肉やお惣菜を売る中、2階ではサラリーマンや地元の人が集う昭和の香り漂う大衆食堂だ。カジュアルな店内ながらその肉のクオリティは抜群! 肉汁溢れる肉定食をご堪能あれ!

定食王が今日も行く! Vol.31


牛肉らしさ満点の定食が看板メニュー!新興エリアでがんばる老舗大衆食堂


 

昭和23年創業、70年間地元に

愛されてきた肉屋直営の大衆食堂

豊洲というと、最近ではタワーマンションが多く建ち並び、芸能人やセレブなどが住む新興住宅街になり、今では住みたい街の人気ランキングの上位に食い込むほど。元々は大正12年の関東大震災のがれき処理によりできた埋立地で、造船所があり、そこで働く労働者で賑わう土地だったそうだ。

そんな場所で昭和23年から、工場の労働者や地元の人々の憩いの地になっていたのが、今回紹介する「いちむら」だ。この向かいにはセブンイレブンの国内1号店があることでも知られる。1階は精肉店として肉や、ヒレカツやメンチカツ、肉団子、レバカツなどお惣菜を販売している。2階は大衆食堂として、1階の肉屋が仕入れた新鮮なお肉をふんだんに使ったボリューム満点の定食を食べることができる。

定食メニューには30種類を超えるバリエーションがあるが、もちろんこの店の売りは牛肉を使った牛ステーキ、牛カツ、牛の生姜焼き定食だ。

定食の中ではやや値段が張るが、店頭から「牛・牛・牛」と牛推しなのがうかがえる。

流行りものには負けない牛カツ!

その分厚さはもはや揚げステーキ

最近、流行の牛カツだが、「いちむら」のものはスケールが異なる。その厚みや肉肉しさなどもはやステーキを揚げた!と言っても過言ではない。

衣は薄めでやや赤味が残るレアな仕上がりで、赤身肉を食べているどっしりとした満足感は残りながら、柔らかい! 付け合わせのサラダとスパゲティも、昭和の食堂の香りを漂わせており、とってもボリューミーだ。

上からたっぷりのデミグラスソースがかかっているが、そこまで濃厚ではないので、肉の味をしっかり味わうことができる。サクサクした衣も薄いので、中の牛肉の柔らかさを引き立ててくれている。文字通り、ステーキを食べているような満足感を味わえる牛カツは、最近流行りのお上品なものとは一線を画す仕上がりだ。

ハンバーグを丸々揚げたメンチと

隠れた名品!牛の生姜焼き

この店の看板メニューのひとつと言われるのが、わらじサイズのメンチカツ! 実はこれ、ハンバーグに衣をつけて揚げているのだとか。その揚げ色はキツネ色より濃いダークブラウン。サクサクというより、ザクザクの衣を切り分けると、ホロホロと切れるほど、繊細なパティが現れ肉汁がじゅわっと溢れ出す。口の中に入れると、粗挽きのお肉の旨味と、玉ねぎの甘さが口の中に広がる最高のコンビネーションだ!

そして、こちらが自分のお気に入りでもある隠れた名品、「牛の生姜焼き」だ。200gの牛ロースという肉厚な見た目はほぼステーキだが、驚くほど柔らかく仕上がっている。生姜醤油の甘辛い味付けは、ご飯が進んで仕方がない。牛の柔らかさとほどよい甘さが癖になる、癒やし系の名品なのだ。

セレブやハイソなエリアになりつつある豊洲で、昔ながらの味や品質を守り続けている「いちむら」。最近ではタワーマンションへのパーティ需要も高まり、お惣菜の宅配などもしているそうだ。ショッピングモールなど豊洲に行った際にはぜひその老舗の味を堪能してほしい。