株式会社デジタルステージは、2月1日、同社が運営する素材ダウンロードサービス「materials」において、PIXTAの写真・イラスト素材およそ2,400万点の提供を開始すると発表した。

「materials」は、同社が提供するソフトウェアやサービスの利用者に対して、写真・音楽・デザインパーツ等を提供する、素材ダウンロードサービスだ。ウェブオーサリングツール「BiNDクラウド」や「BiND for WebLiFE*」シリーズなどで、materials専用のポイント「マテポ」を使い、用途に合った素材を入手することができる。

「マテポ」はソフトの製品登録や、BiNDクラウド・専用サーバーなどの利用時に付与されるほか、デジタルステージ・オンラインストアで追加購入することも可能。2018年2月1日(木)からは、materialsオリジナル素材に、PIXTAの素材を含めた2,400万点以上が提供されており、ビジネスをはじめとするあらゆるシーンにおいて、豊富なライブラリからニーズに合った最適な素材を選択できるようになった。

なお、これにともない従来提供してきたゲッティ イメージズの素材はダウンロードできなくなり、2月20日(火)からは、BiNDシリーズの一部のテンプレートで使用されていた素材もPIXTAの素材に差し替わることになる。

株式会社デジタルステージ
URL:https://www.digitalstage.jp/press/180201.html
2018/02/01