今まで噂だけだった福士だが…

写真拡大

 150cmの小柄美女・MISATO(27才)との食事会後の路上抱擁デートが報じられた福士蒼汰(24才)だが、デビューから7年間、熱愛スキャンダルが報じられたことがない。183cmの長身に甘いマスク、しかも勉強家で英語も流暢、スポーツも得意。モテないわけがないのだが、なぜか一度もなかった。

「共演した若手女優とは例外なく、交際の噂は出ていたんですけどね。話が出るたびにスポーツ紙も週刊誌も取材に動いていましたが、実際はただの噂だけ。長らく実家住まいだったということもあり、体を鍛えたり、ストイックな生活ばかりが目撃されていました」(スポーツ紙関係者)

 2011年にデビューし、『仮面ライダー』シリーズで初主演。2013年、NHKの『あまちゃん』で主人公の初恋の先輩役に抜擢されると、大ブレーク。共演者の、のん(24才)と橋本愛(22才)とも噂になった。

 世のアラフォー、アラフィフ女性を虜にしたのは2014年のドラマ『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)。綾瀬はるか(32才)演じる“彼氏いない歴=年齢”のこじらせ女子を翻弄する年下男子を好演。エレベーターの中で「おれじゃダメですか?」と壁ドンする名シーンはいまだ語り継がれるが、やっぱり綾瀬とも噂に。2015年は高校生の恋を描いた映画『ストロボ・エッジ』で有村架純(24才)と、2017年は『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)で川口春奈(22才)との交際が噂された。

「制作発表会見を見ていても、気取らずに相手役とも仲がいいので、いい雰囲気に見えてしまうんです。ネットではすぐ“あの2人怪しい”“お似合いすぎる”となるわけです。かといって、7年間一度も彼女がいなかったわけではないでしょう。ただ、仕事に夢中になって打ち込んでいましたから、関係者に迷惑をかけたくないと細心の注意を払っていましたね」(芸能関係者)

 撮影現場での立ち居振る舞いや共演者からの福士の印象を聞くと、まず出てくるのは「マジメ」の一言。礼儀正しい好青年だと評判だ。

「夜飲み歩くタイプではないですね。大勢で集まって騒いだり飲み会やコンパに参加するのは苦手だそうです。ドラマの打ち上げでも、みんなが盛り上がっているのを静かに見守っているタイプ。だから、初対面の女性と打ち解けるのも時間がかかるし、一目ぼれとかもないそうなんです。多忙なうえに真面目だから、気になる子がいても今まで恋愛に踏み込む機会があまりなかったんでしょうね」(前出・芸能関係者)

 ブレーク後も都内の実家で両親と2人の姉と同居していた福士。バラエティー番組では「母親のつくる唐揚げが世界一好き」だと言い、家族愛の強さも母性本能をくすぐる。

 そんな彼が、最近になってひとり暮らしを始めたという。

「しっかり役者としても実力をつけていますから、そろそろ独り立ちをと思ったんでしょう。とはいえ、今は初主演舞台で大変な時。2月下旬に千秋楽を終えると、映画出演も続きますからめちゃめちゃ忙しいはずです」(前出・芸能関係者)

 超多忙で、細心の注意を払い、一度も写真を撮られたことのない福士だったが、MISATOとの夜はガードを崩した。

※女性セブン2018年2月15日号