昨年1月18日、ソウル市内で開かれたセミナーで講演するチャ氏=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は1日、駐韓米大使に米シンクタンク・戦略国際問題研究所(CSIS)韓国部長のビクター・チャ氏を充てる人事案が撤回されたことについて、「米側は韓国側との適切な協議前に関連報道が出たことに理解を求めてきた」と述べた。チャ氏は韓国政府のアグレマン(同意)も得ていた。

 魯報道官は「米側は駐韓大使が平昌冬季五輪前に赴任できるようにしようとしたが、結果的にそうならなかったことについて、外交ルートで理解を求めた」と説明。「両国政府は駐韓大使の早期赴任のため協力してきた」とし、今後も協力を続ける方針を示した。