画像提供:マイナビニュース

写真拡大

2018年1月24日から26日の3日間、幕張メッセにて開催されたプロモーションやマーケティングの総合展「第1回 販促ワールド 春」。“モノを売る”という、単純そうに見えてとても奥が深い販売促進の分野において、様々なアプローチからのソリューションが提案されていた。本イベント会場において、店頭でのお買い物に新たな面白さを提供してくれる可能性を秘めたソリューションを発見した。エヌカントブースで展示されていた「IoTデジタルPOP」もそんなひとつだ。

“店頭に消費者を呼び戻す!”と謳われた「IoTデジタルPOP」だが、1970年よりセールスプロモーションの企画制作や店舗ディスプレイに携わってきたエヌカントならではの発想が活かされている。「IoTデジタルPOP」のキモとなるのは、店舗内で商品を陳列しているフックハンガーやフロアディスプレイ、カウンターディスプレイ等の什器(じゅうき)にNFCタグを配置、来店したお客さまのスマートフォンをかざしてもらうだけで様々なアクションを返すことが可能になるのだ。

ブースでは、実際に店舗に設置されている什器が陳列されており、商品種別ごとにNFCタグを配置、実際にAndroid端末をかざしてブラウザを立ち上げ特定のWebサイトを表示させるデモンストレーションを行っていた。ちなみに、日本国内で大きなシェアを誇るiPhoneへの対応は、NFCに対応したモデルであればアプリを介することによって対応することが可能だという。話をデモンストレーションに戻そう。NFCタグにかざす、スマホが操作せずにアクションを起こす。この一連の流れは、利用用途に応じて変更することが可能となっており、例えば手に取ろうとしている商品のプロモーションビデオを再生させる、ポイントカードと連動してかざすだけでポイントが取得できるようにする、商品のセールスポイントを“詳しくはWebで”よろしく商品特設サイトへ誘導することも可能だ。

他にも、インバウンド向けとして各種言語に翻訳した商品情報サイトを案内するといった使い方もできる。さらに、どれだけの来店したお客さまがスマホをどのNFCチップにかざしたかもログとして取得することが可能なので、マーケティング面でも有効な使い方ができるだろう。

街で見掛ける「今期いち押しの○○」のような店舗内の特設コーナーのようなコンパクトなものから、店舗全体の商品の流れを再確認したいといった大規模なものまで構築することが可能な「IoTデジタルPOP」。アイディア次第では、店舗から遠のいていった顧客をネットの世界から連れ戻すことができるかもしれないこのソリューションに期待してやまない。