古泉智浩『ウチの子になりなよ 里子を特別養子縁組しました』(イースト・プレス)

写真拡大

なかなか子供を授からず、夫婦関係がギクシャクする……。そんな先の見通せない「妊活」をやめ、別の選択肢を選んだ夫婦がいる。マンガ家の古泉智浩さんは、2年前、生後5カ月の男児を里子として預かった。不妊治療に600万円以上をつぎ込んでいたが、新たに迎えた「うちの子」の存在は、夫婦関係を一変させたという――。

■「いつでも離婚すればいい」と思っていた

夫婦の関係は「子供の有無」に左右されがちだ。「子供がほしい」と願う夫婦にとって、「子供を授からない」というのは大きなストレスになる。一方で、子供が生まれても、「夫が何もしてくれない」「妻が子供にかかりきりだ」「2人だったときはうまくいっていたのに」……といった悩みを抱える夫婦もいる。そうした中で、マンガ家の古泉智浩さんは、「里親」として男児を育てることで、「嫌になったらいつでも離婚すればいいや」と思っていた妻との関係が改善したという。

古泉さんは、内向的な男性の心理をコミカルに描くことで知られるマンガ家だ。『青春☆金属バット』や『チェリーボーイズ』(共に青林工藝舎)など、実写映画化された作品も複数ある。タイトルからもうかがえるように、「童貞」や男性のルサンチマンを、ブラックなセンスでギャグに昇華した作品にはファンも多い。

そして古泉さんは、ひとりの子供の父親としての顔も持つ。現在3歳になる男の子は、生後5カ月で里子として古泉さん夫婦のもとにやってきた。2015年には、不妊治療のドン底から里子を預かり、子育てに奮闘する日々を赤裸々に描いたエッセイ『うちの子になりなよ ある漫画家の里親入門』(イースト・プレス)を刊行している。

「当時は、『どうせ俺のマンガの読者しか読まないだろう』って思って出版したんです。そうしたら、思った以上にいろんな人に読まれて、うれしい半面非常にうろたえました」

■「とにかく子供が欲しくて結婚した」

作者自身も驚くほどの反響を呼び、昨年12月には続編『うちの子になりなよ 里子を特別養子縁組しました』(イースト・プレス)を刊行した。古泉家の「うーちゃん(※仮名)」は3歳になり、イタズラやワガママ盛り。すっかり「うちの子」としてなじんできたところに、児童相談所の職員に「特別養子縁組」を提案される。預かった子供を6歳未満で自分の家の籍に入れると、戸籍上でほぼ実子と同じ扱いになる制度だ。家庭裁判所の判断や実親の拒否などで成立しないケースもあるが、古泉さん夫婦の手続きはトントン拍子に進んでいき、「うーちゃん」の名字は「古泉」となり、戸籍上でも「うちの子」となった。

古泉さんは、そもそも子供がほしくて結婚したという。結婚当初から夫婦で6年間不妊治療にのぞみ、かかった費用は600万円を超えた。

「とにかくもう子供がほしくてほしくて。妻には非常に申し訳ないですが『子供を産んでくれたら誰でもいい』というくらいの切羽詰まった気持ちでの結婚でした。『産めるものなら自分で産みたい、男が産めたらよかったのに』と思うほどでした。それで不妊治療をしていたのですが、お金ばかりかかって、スッテンテンになってしまいました」

それほどまでに古泉さんが子供を望んだ理由のひとつに、かつて婚約破棄した相手との間に生まれた娘の存在があった。事情があってずっと会えずにいた実の娘と、鉢合わせる機会があり、それをきっかけに子供を育てたいと強く願うようになる。その願いを、前作『うちの子になりなよ ある漫画家の里親入門』では以下のように吐露していた。

----------

「マンガを好き放題描いていても埋まらない欠落はこれだったと確信しました。いい年の大人の男が自分のやりたいことだけを精いっぱいしているというのがみっともないことだ、自分以外の他者に尽くしてこそ人生ではないかとすら思うようになりました。また、厄年をすぎるとぐっと体力や気力が激減し、自分本位の生き方すらしんどくなっています。それまでは自分さえよければいいと思っていた、その自分が満足いかなくなっています」(本文より)

----------

そしてその後、里親制度によって待望の「家族」を迎え入れることができた。渇望していた子育ての実現は、古泉さんにどんな影響を与えたのだろうか。

「これまで僕は、自分を押し殺して何かをするということができない人間だったのですが、子供がいることによって、そちらを優先する機会が増えました。目の前でおしっこをもらしたり、家の手すりにひっかけてあるたすきに首をかけて遊んでいたりしたら、何を差し置いても『待った!』ってなりますから。自分のことどころじゃないです。そういう場面が増えましたね」

■離婚する気はなくなり、毎日が幸福

変わったのは、時間の使い方だけではない。新刊『うちの子になりなよ 里子を特別養子縁組しました』巻末に収録されている、養子縁組経験者との対談の中で古泉さんは、「息子さんを迎えてから古泉さん自身が変わりましたよね」「以前はとにかく奥様に対する言動がひどかった」と指摘されている。

「結婚に対して投げやりな気持ちで、『問題が生じた際に関係を修復するよりも、いつでも離婚すればいいや』って思ってたんですよ。極端にいったら、『子供がいないなら、結婚する理由はない』というように思っておりました」

今は、「妻の献身で今の生活が維持できていて、離婚する気は全然なくなった」と語る。里親制度によって、ようやく手に入れた生活はそれほど充実したものだという。

「これまでお金に困ったこともないし、仕事にも恵まれてきました。それがさらに今は『本当に毎日なんて幸せなんだろう。これで不幸せなんて言ったらバチがあたるぞ』と思っています。たとえば僕が舌を出すだけで子供がものすごく笑うんですよ。マンガ家としてこんなことでいいのか? と思うくらい、毎日楽しく過ごしてます。妻のフォローもあって、育児の苦労は全然ないですね」

----------

古泉智浩(こいずみ・ともひろ)
マンガ家
1969年、新潟県生まれ。ヤングマガジンちばてつや大賞受賞。代表作に『ワイルド・ナイツ』『青春☆金属バット』ほか。近著に『サマーブレイカー』(電書バト)がある。

----------

(マンガ家 古泉 智浩 構成=藤谷千明)