パナソニックが20〜30代女性がターゲットにしたデジタル一眼カメラを発売

写真拡大

 パナソニックは2月1日、デジタル一眼カメラ「LUMIX DC-GF10W/GF90W」を2月22日に発売すると発表した。高速連写の「4Kフォト」で自分撮りが楽しめる「4Kセルフィー」が進化。20〜30代の女性を中心に販売を促し、月産台数として7000台を見込む。

 20〜30代女性を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で自分撮りや料理などの写真を投稿するニーズが高まっている。このような背景からLUMIX DC-GF10W/GF90Wでは、コンパクトボディにもかかわらず、高画質に撮影でき、しかも自分撮りや思い通りのこだわり写真を楽しめる機能の進化と、使いやすさが向上している。自分撮りでは、180度チルト式タッチパネルモニターやシーンによって右手でも左手でも押せるダブルシャッターに加え、高速連写ができる4Kセルフィーでさらに広角での撮影が可能になっている。夜景でも撮影が可能な「夜景&自分撮りモード」も新たに搭載している。税別の実勢価格は9万円前後。