「ウォーリアー・ストライク」訓練の様子(米陸軍フェイスブックより)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓米両軍は先ごろ、北朝鮮内に入って核兵器を含む大量破壊兵器を除去することを想定した訓練「ウォーリアー・ストライク」を実施した。韓国軍当局が1日、発表した。

 両軍は高まる北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対応するため、同訓練を定期的に実施している。

 ただ、今回は通常より規模を縮小して実施したとされる。平昌冬季五輪(9日開幕)を巡り南北間に対話ムードが出ていることを念頭に置いているとみられる。