「節分」で大豆を食ると「病気」も追い払う(depositphotos.com)

写真拡大

 鬼は外、福は内! 2月3日は節分だ。

 「恐るべき年取豆の多きかな」(木村たみ子『水の音』)という秀句がある。子どもの頃は、豆の数が少ないのが不服だったが、年をとると両手からこぼれ落ちるほどだ。老いの憤りとも悲しみとも感謝とも読める。

 節分の翌日、2月4日は立春。春がようやく芽吹く。

丑寅(うしとら)の時節に病気に罹らないように

 冬から春へ、五行の「水」から「木」へ、「丑(うし)」の1月から「寅(とら)」の2月へ――。

 その分水嶺が「節分」だ。古来より「節分」は、丑寅(うしとら)の時節に病気に罹らない呪(まじな)いを掛けるために行って来た追難の儀式で、中国から伝来後、室町時代頃に民衆に定着した。

 中医学では、病気は丑寅から発症し、悪化するとしているので、インフルエンザやウイルス性胃腸炎などが猛威を震うこの時期、節分の豆まきは実に理にかなっている。

 また、中医学の「経絡(けいらく)」の理論によると、午前1時から午前3時までの丑の刻は「肝経」という肝臓の経絡の時間帯なので、肝臓を休ませなければならない。経絡とは、気や血液や水などの代謝物質の通り道で、経脈は縦の脈、絡脈は横の脈の意味だ。

 しかも、節分は冬の「土用の最終日」に当たることから、土用には五行の土の気を高め、肺経や大腸経の働きを強める大豆が珍重された。

豆を鬼の魔目(まめ)をめがけて投げると「魔が滅する」

 なぜ煎り大豆(福豆)を播くようになったのだろう? 一説では「豆を煎る」が「魔目(まめ)を射る」に通じることから、豆を鬼の魔目(まめ)をめがけて投げると、魔が滅する(魔滅/まめ)としている。

 柊(ひいらぎ)の枝に炙った鰯(いわし)の頭を刺した「柊鰯」を玄関に飾る風習は、鬼を近寄らせない魔除けだ。確かに鰯の顔は鬼面だ。今や大阪の船場から全国に広がった「恵方巻」も縁起物。今年の恵方は「南南東」。その方角に向かい黙って丸かじりすれば、ご利益があるかも。

大豆はタンパク質・ビタミン・ミネラル・イソフラボンが豊富な完全食品

 さて、節分に歳の数だけ大豆を頂くのは、呪いを払うだけでなく、大豆が驚異の栄養パワーを秘めているからに他ならない。

 畑の肉と万人に愛される大豆は、豆類の中でタンパク質が最も多く、必須アミノ酸もバランスよく含まれる優れた栄養食品だ。

 大豆タンパク質には、血中コレステロールを低下させる「大豆レシチン」、抗酸化作用が強い「大豆サポニン」、ビフィズス菌を増殖させる「オリゴ糖」、動脈硬化、高血圧、骨粗しょう症の予防や更年期の不調を改善する「イソフラボン」など、多くの機能性物質が含まれ、肥満を改善するダイエット効果もある。

 しかも、脂質、炭水化物、食物繊維をはじめ、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンE、ビタミンB1、葉酸などの様々な栄養素がギュッと凝縮されているバランス栄養食だ。また、大豆タンパク質の消化吸収率は、納豆が91%、豆腐が95%と高いため、アメリカでは「大地の黄金」とも呼ばれるほどだ。

 さらに、アメリカ国立ガン研究所が発表したガン予防に効果がある「デザイナーフーズ」の8種類の野菜(大豆、にんにく、キャベツ、しょうが、にんじん、セロリ、甘草、バースニップ)にも挙げられている。

魔除けの鰯の栄養は?

 ちなみに、魔除けの鰯の栄養にも触れておこう。鰯をはじめ、さば、あじ、さんま、うなぎなどの脂肪分(脂質)に豊富に含まれているのが、多価不飽和脂肪酸であるドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)だ。

 DHAやEPAは、血中コレステロールや中性脂肪を減らすことから、動脈硬化や血管老化の防止に役立ち、メタボリック症候群や生活習慣病を予防する効果がある。また、脳細胞の情報伝達を強め、脳細胞の賦活・活性を促す作用があるため、胎児や小児の脳の発達にも好影響を及ぼしている。

 DHAやEPAは、血合肉(赤褐色の部分)により多く含まれ、脂ののった旬ほど多くなる。特に、泳ぐカルシウムとも呼ばれる鰯はカルシウムがふんだんだ。100g中に生いわしなら70mg、丸干しなら1400mg、煮干しなら2200mgのカルシウムが含まれている。

 その他、カルシウムの吸収を助けるビタミンD、コレステロールの代謝促進や肝機能を強化するタウリン、貧血を予防する鉄分、亜鉛、カリウムなどのミネラル、細胞を再生し、疲労回復を促すビタミンBも多い。鰯の栄養も大豆に播けず劣らずパワフルだ。

 節分の由来、大豆や鰯の栄養パワーを知れば知るほど、豆腐、醤油、納豆などの日本食に占める大豆の美味しさや鰯の価値に気づかされる。邪気も災いも病気も払って、無病息災の1年になりますように! 福は内、鬼は外! メタボも外!
(文=編集部)