軽量ながら「4K」での空撮が可能なマビックエアー(利用イメージ)

写真拡大

 中国DJIは折り畳めて携帯性に優れた飛行ロボット(ドローン)「MAVIC_AIR(マビックエアー)」を発売した。重さ430グラムと軽量ながらフルハイビジョンの4倍の解像度を持つ「4K」での空撮が可能。飛行制御ソフトウエアも進化し、障害物があったり複雑だったりする地形でも安全で円滑に飛行する。価格は10万4000円(消費税込み)。賠償責任保険を1年間無償付帯する。

 携帯性を売りにするマビックシリーズの中で小型の下位機種の位置づけになる。最大飛行時間は約21分。最大風速が秒速10メートル、海抜最高5000メートルまで安定した飛行が可能。最高飛行速度は時速約68・4キロメートル。

 熟練の操縦スキルがなくてもプロのような動画を撮影できる各種モードを備える。複数の被写体の自動検知や高度な追尾もでき、動く被写体でも逃さず撮影できる。また、DJIのドローンでは初めて8ギガバイトの外部記憶装置を内蔵した。機体に写真や動画を直接保存できる。