【速報】錦織圭、復帰後初の連勝で8強入り、フルセットで世界162位下す[ATPチャレンジャーダラス/2回戦]

写真拡大

右手首故障から約5ヶ月ぶりに復帰し、2日前の復帰第2戦で初勝利を挙げた錦織圭(日本/日清食品)。勝ち進んだ「ATPチャレンジャーダラス」2回戦では、世界ランク162位のマティアス・バッキンガー(ドイツ)と対戦。第1セットを4-6で失った錦織は、第2セットを6-4で取り返してイーブンに。迎えたファイナルセットを6-4で奪い、復帰後初の連勝を飾った。これでベスト8進出となり、大会制覇も見えてきた。

前週の復帰戦で1回戦敗退となった後、すぐに今週の「ATPチャレンジャーダラス」にエントリーした錦織。2日前の大会初戦では、前週敗れたデニス・ノビコフ(アメリカ)をストレートで破り、復帰後初勝利を記録した。2回戦の対戦相手は、堅実なストローク力を武器に世界ランク最高85位をマークしたこともあるバッキンガー。先日の「全豪オープン」でも本戦入りを果たした相手に、錦織がどんな戦いを見せるか、注目が集まった。

第1セットはショットが安定せず4-6で落とした錦織だが、第2セットは少しずつミスを修正。ラリーなどから手ごたえをつかみ、6-4で取り返した。

迎えたファイナルセット、第1ゲームはバッキンガーのサーブからスタート。手堅いテニスでキープする。錦織も少しずつ、安定感を取り戻し、自身のサービスゲームをしっかりキープ。

錦織は、第4ゲームで相手のブレイクポイントを何度もセーブしてキープに繋げるなど、粘り強さを発揮。バッキンガーのショットが徐々に厳しいコースに決まり始め、押し込み切れない展開が続くが、相手を左右にゆさぶりポイントに繋げていく

そして、迎えた第7ゲーム。錦織は相手コートライン際に打ち込んだショットで、このセット初のブレークを記録。続く第8ゲームを勢いに乗ったテニスで、ラブゲームでキープする。

直後の第9ゲームはバッキンガーがキープしたが、このまま流れを掴んだ錦織が、第10ゲームをキープ。ファイナルセットを6-4で奪い、復帰後初の連勝を飾った。

錦織は次戦、ベスト8で世界ランク295位Dominik Koepfer(ドイツ)と対戦する。

(テニスデイリー編集部)

※写真は昨年の「マイアミ・オープン」のときの錦織圭
(Photo by Andrew Patron/Icon Sportswire via Getty Images)