【速報】錦織圭、復帰後初の連勝狙う2回戦、第2セットを6-4で取り返す[ATPチャレンジャーダラス/2回戦]

写真拡大

右手首故障から約5ヶ月ぶりに復帰し、2日前の復帰第2戦で初勝利を挙げた錦織圭(日本/日清食品)。勝ち進んだ「ATPチャレンジャーダラス」2回戦では、世界ランク162位のマティアス・バッキンガー(ドイツ)と対戦。第1セットを4-6で落とした錦織は、第2セットを6-4で奪いイーブンに。ファイナルセットに復帰後初の連勝を賭ける。

前週の復帰戦で1回戦敗退となった後、すぐに今週の「ATPチャレンジャーダラス」にエントリーした錦織。2日前の大会初戦では、前週敗れたデニス・ノビコフ(アメリカ)をストレートで破り、復帰後初勝利を記録した。2回戦の対戦相手は、堅実なストローク力を武器に世界ランク最高85位をマークしたこともあるバッキンガー。先日の「全豪オープン」でも本戦入りを果たした相手に、錦織がどんな戦いを見せるか、注目が集まった。

第1セットはショットが安定せず、4-6でバッキンガーに奪われてしまった錦織。

迎えた第2セットは、バッキンガーのサーブからスタート。第1セットでの粘りのテニスを、そのまま持ち込むバッキンガーがラブゲームでキープ。対して、第2ゲームは錦織がポイントを失いながらも、キープした。

その後は、お互いにキープする展開が続くが、時折ミスが出る錦織。第4ゲームでは、40-0から相手の体勢を崩してのネットプレーがわずかにアウト。キープには成功するが少しすっきりしない内容に錦織は、一度壁の方を向いて帽子を脱ぎ、気持ちを落ち着けるような仕草も見せた。

第6ゲームの自身のサービスゲームでは、ネットに出てのドロップショット後に小さくガッツポーズを見せるなど、良いところも随所に見せた錦織。しかし、相手のバッキンガーも序盤で見られたミスが減り、安定したテニスで自分のサービスゲームをしっかりとキープする。

流れが変わったのは第9ゲーム、錦織はダウンザラインやドロップショットでポイントを重ねてブレーク。続く第10ゲームをキープして、第2セットを6-4で取り返してセットカウント1-1のイーブンに戻した。

このまま勝利すれば、錦織はベスト8で世界ランク295位Dominik Koepfer(ドイツ)と対戦する。

(テニスデイリー編集部)

※写真は復帰戦で敗れた錦織圭
(Photo by Jeff Gross/Getty Images)