【速報】錦織圭、復帰後初の連勝狙う2回戦、第1セット4-6で失う[ATPチャレンジャーダラス/2回戦]

写真拡大

右手首故障から約5ヶ月ぶりに復帰し、2日前の復帰第2戦で初勝利を挙げた錦織圭(日本/日清食品)。勝ち進んだ「ATPチャレンジャーダラス」2回戦では、世界ランク162位のマティアス・バッキンガー(ドイツ)と対戦。第1セットを4-6で失った。

錦織は、前週の復帰戦「男子テニスATPチャレンジャー ニューポートビーチ」で、フルセット(3-6、6-3、4-6)の末に1回戦敗退。続いて今週の「ATPチャレンジャーダラス」にエントリーし、迎えた2日前の復帰第2戦では、前週に敗れたデニス・ノビコフ(アメリカ)と再戦。サーブと鋭いリターンからリズムを掴み、見事なストレート勝ち(6-3、6-3)でリベンジを果たし、復帰後初勝利を飾った。

2回戦の対戦相手は、世界ランク最高85位をマークしたこともあるバッキンガー。堅実なストローク力をベースに戦う選手で、先日の「全豪オープン」でも予選から出場し、本戦入りを果たした実力者だ。

試合は、バッキンガーのサーブからスタート。第1ゲーム1ポイント目で、いきなりリターンエースを奪う錦織。しかし、その後はラリーでのミスが重なり、バッキンガーがこのゲームをキープ。

第2ゲームは、錦織がサービスエースも見せるなど好調ぶりを発揮して、ラブゲームでキープ。続く第3ゲームでは相手のダブルフォルトもあり、さっそくこの試合初のブレークを記録する。

しかし、その後の第4ゲームでは錦織のショットがコースに決まらず、バッキンガーがブレークバック。続く第5ゲームも錦織のロブが決まらず、バッキンガーが連取した。

その後お互い2ゲームずつをキープして、迎えた第10ゲーム。厳しいコースでのラリーをものにするなどバッキンガーが錦織のサービスゲームをブレークして、4-6で第1セットを獲得した。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ウィンブルドン」のときの錦織圭
(Photo by Shaun Botterill/Getty Images)