画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Stravaは2017年11月、同社が提供する健康トラッキングアプリ「Strava」で収集されたジョギング時の位置情報などのデータの最新版を「Strava Labs - Global Heatmap」に反映させた。10億を超えるアクティビティで収集された13兆の位置情報がマップに反映したと説明があり、アスリートがどのようなルートを使って運動しているかを調べることができる。

この地図データはジョギングやサイクリングなどで利用可能なルートを調べるといった用途が本来の使い方として想定されるものだが、The Guardianに2018年1月28日(米国時間)に掲載された記事「Fitness Tracking App Found Exposing Secret US Military Locations Around The World」が、このデータは公開されていない軍事基地を調べる用途や、軍事基地に勤める軍人の個人情報の推測に悪用される可能性があるという軍事アナリストの指摘を報じている。

Strava Labsのマップはかなり詳細に見ることができ、Google MapsやAppleのマップのように商用ベンダーから提供されているマップには掲載されていない軍事基地などの情報を得ることができると説明がある。

また、基地に勤めている軍人の行動ルートなどを推測することにもつながると指摘している。Strava Labsのデータは米国のみならず世界中のデータが掲載されているため、これは米国に限った話ではなく、ほかの国や地域においても同様の推測が可能な状態になっている。