小説「恋のゴンドラ」の韓国語版=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】日本の小説家、東野圭吾の小説「恋のゴンドラ」が韓国で翻訳出版された。

 日本で2016年に出版された同作品はスキー場を舞台に男女8人の恋愛模様を描いた7編からなる短編連作集。作中にミステリー的な要素はないが、推理小説の巨匠らしくスリリングな緊張感を描き出している。 

 東野圭吾の作品は韓国で人気が高い。昨年は韓国大手書店の教保文庫で、海外書籍のうち売り上げトップに輝いた。

 代表作「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の韓国語版は2012年に発売後7年連続ベストセラーを記録しており、日本小説のうち過去10年間で最も多く売れた作品でもある。同小説を原作とした日本映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は今月韓国で公開される予定だ。