PS4「モンスターハンター:ワールド」、発売3日間で135万本を販売。ファミ通調べ

写真拡大 (全2枚)

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、カプコンが2018年1月26日に発売した、プレイステーション4向けソフト「モンスターハンター:ワールド」の国内推定販売本数を速報としてまとめたものを発表した。

「モンスターハンター:ワールド」は発売3日間(初週)で135.0万本を売り上げ、プレイステーション4向けソフトの中で過去最高の初週販売本数を記録。累計販売本数も歴代1位となったとのこと。さらに、ダウンロード版を含めると、200万本を超える勢いと推測される。

本作発売週(2018年1月22日〜1月28日)のプレイステーション4(プレイステーション4 Proを含む)の週間販売台数は、前週の44,910台から3.1倍の140,432台となり、前週の販売台数から大幅に増加。「モンスターハンター:ワールド」がハードの牽引にも貢献していると言える。また、週間販売台数としては、プレイステーション4本体発売週(2014年2月17日〜2月23日)の322,083台に次ぐ歴代2位となっている。なお、プレイステーション4は累計販売台数が6,187,000台となった。

■Gzブレイン

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・ついに狩猟解禁!PS4でモンハンを遊びまくれ!
・Amazon、RPG「アトリエ」シリーズの20周年を記念し、シリーズ楽曲のストリーミング先行独占配信を開始
・ひと足先に体験!音響空間に泊まれる!椿山荘から専用リスニングルームのステイプランが登場!
・天空の聖地を体験する「高野山テラス」、東京ガーデンテラス紀尾井町で3日間開催
・シリーズ30周年を迎える「ストリートファイターII」と佐賀県がコラボ