焼き鳥店を後に2次会はカラオケへ

写真拡大

 3か月続く初主演舞台『髑髏城の七人 Season月』の真っ只中。観客席が360度回転するアトラクションのような舞台で、華麗な殺陣を魅せながら3時間超動き続ける。1日2回公演の日は終演後、動けなくなるほどクタクタだ。

 1月26日金曜日、この日は1回公演で開演は午後2時。翌日は休みだった。夕方6時に舞台を終えると、福士蒼汰(24才)は家路を急いだ。

 少し休憩をとって自宅を後にしたのは午後9時すぎ。白のセーターとグレーのパンツに着替えて向かった先は、六本木にある焼き鳥店だった。女性2人と福士の3人は、2次会のカラオケバーへ。盛り上がったのか、店を後にしたのは深夜3時をまわっていた。

 1人の女性が乗り込んだタクシーにサッと福士も続く。向かった先は福士の自宅。車に入って安心したのか、福士の肩に頭をコツンと乗せる彼女。福士が彼女の肩に手を回し覆い隠すようにしながらタクシーを降りると、ふたりは急ぎ足でマンションへ滑り込んだ。

 彼女が彼の自宅を後にしたのは翌日午後のこと。そしてその数時間後、今度は割烹料理店でふたりは再び落ち合う。そのときも食事にはツレがいたが、まさかの…。

「福士さんたちは3人でコース料理を注文していました。以前、福士さんがご家族といらっしゃったのを見たこともあります。個室でしたが、たまにもれ伝わる様子で福士さんとかわいい彼女がカップルなんだな、という雰囲気は伝わりました。すごく楽しそうでしたね。ふたりきりだとさすがにマズいので友人男性に付き添ってもらっていたのかもしれません」(常連客の1人)

 福士と彼女、男性の3人が割烹料理店を出たのは夜11時すぎだった。知人男性と別れると、福士と彼女ふたりに。

 大通りの横断歩道、ほろ酔いだったのか、福士はソッと彼女の肩に腕を回した。福士の不意打ちに、彼女は周囲を気にしながら驚いた様子を見せ、少しして恥ずかしそうに手で顔を覆う。そんな様子を見て彼は愛おしそうな目で微笑み返した。向かい合ったふたりの顔が近づいていく。照れた彼女は顔をそらし、そんな彼女を福士がギュッと抱きしめる。

 積雪が残り、氷点下の記録的な寒い夜だったが、ふたりのアツい様子に思わず体が温まるようだった。

 ふたりは互いの腰に手を添え、この日も福士のマンションのエントランスへと消えていった。彼女の名前はMISATO(27才)。身長150cmと小柄で福士との身長差は30cm、頭1つ分は違う。

「彼女は舞台やイベントに出演するなどタレント活動をしていて、業界では“ベビーフェイス美人”で有名です。もともとお嬢様で、積極的に芸能活動をしているタイプではなく、今は美容の仕事に本腰を入れていますよ。有名なミスコンで優勝している過去も。女性のファンが多く、彼女がインスタを投稿すると、“かわいい”“どこの服ですか”と問い合わせが殺到するいわばインスタの女王ですね」(ふたりの知人)

 ふたりが親しくなったのは今年に入ってから。共通の友人との食事会がきっかけだったという。

「出会って間もないし、つきあい立てという感じだと思いますよ。彼はとにかく一途で、一度好きになった相手にはとことん尽くすし、何があっても守ってくれるタイプ。たとえば彼女が遅刻しても待てるし、好きな人には何でも打ち明けられる。相手に別に好きな人がいたとしても、振り向いてくれるまで待つって言っていたこともありました。福士くんが人目を気にせず堂々と彼女と歩くってことは相当本気だってことでしょうね」(前出・知人)

※女性セブン2018年2月15日号