(写真提供=SPORTS KOREA)チャン・ドンゴンとコ・ソヨン

写真拡大 (全7枚)


(写真提供=SPORTS KOREA)チャン・ドンゴンとコ・ソヨン


2月3日に結婚するBIGBANGのテヤンと女優ミン・ヒョリン。人気スター同士の結婚だけに注目度が高く、その影響で過去にあったスター同士の結婚にも注目が集まっている。

日本同様に韓国でも芸能人の結婚はニュースになる。特に芸能人同士、それも大物芸能人同士の結婚は、“世紀のカップル”と呼ばれるほどなのだ。

(参考記事:韓国にはすでにいた!! 現役でありながら電撃結婚したK-POP女性アイドルは?

そんな“世紀のカップル”を一挙公開。絶対に知っておきたい選りすぐりの“カップル”たちを紹介しよう。

“韓流四天王”たちの結婚はビッグスケール

まず、韓国芸能界の“世紀のカップル”として真っ先に挙げられるのは、2010年5月に結婚したチャン・ドンゴンとコ・ソヨンだろう。

ともに90年代から人気スターとして活躍してきた2人の結婚は、“韓国最高の美男美女カップル”と騒がれただけではなく、収入や資産の大きさから「歩く財閥夫婦が誕生した」と呼ばれたほどだ。

このチャン・ドンゴン&コ・ソヨンに匹敵する“世紀のカップル”と呼ばれたのが、2013年8月にゴールインしたイ・ビョンホンとイ・ミンジョンだ。


(写真提供=SPORTS KOREA)イ・ビョンホンとイ・ミンジョン


イ・ビョンホンがハリウッドで活躍していることもあって、結婚式ではブルース・ウィリス、ジョン・マルコヴィッチ、ジャッキー・チェン、木村拓哉らの映像メッセージも流れ、「海外も認める“世紀のカップル”誕生」と言われたほどだった。

海外からのお祝いという点では、クォン・サンウ&ソン・テヨンのカップルも負けていない。


(写真提供=SPORTS KOREA)クォン・サンウとソン・テヨン


世紀のカップルを生んだ「スピード婚」と「秘密結婚」

2008年9月に結ばれた2人の挙式には300人以上の日本人ファンが駆けつけ、「韓流ブームに祝福された“世紀のカップル”」と報じるメディアもあった。

その韓流ブームの火付け役となったのは『冬のソナタ』であり、“微笑みの貴公子”ペ・ヨンジュンだろう。


(写真提供=SPORTS KOREA)ペ・ヨンジュンとパク・スジン


ペ・ヨンジュンは2015年、かつてガールズグループ「Sugar」の一員として活躍したタレントのパク・スジンと結婚している。

交際わずか3カ月というスピード婚は、韓国はもちろん、日本のメディアでも大きな話題となった。

また、ペ・ヨンジュンや前出のチャン・ドンゴン、イ・ビョンホンとともに“韓流四天王”と呼ばれたウォンビンも、2015年に結婚。人気女優イ・ナヨンとゴールインした。

2人の交際は2013年7月に発覚していたものの、互いに“神秘主義”を貫くスターだけにその恋の行方が注目されていたが、2015年5月30日に突然の結婚報道。ウォンビンの故郷・江原道(カンウォンド)の簡素な庭園で近親者だけを集めて結婚したというニュースは、“秘密結婚”という造語を生んだ。

中国でも話題となった「世紀の結婚」

昨年2017年にも、“世紀のカッブル”が2組も誕生している。


(写真提供=SPORTS KOREA) RAINとキム・テヒ


まずは歌手RAINと人気女優キム・テヒ。2人は2013年1月1日に『Dispatch』に熱愛関係をスクープされたが、その後も交際を順調に進め、2017年1月に晴れてゴールインとなった。

2017年10月には、俳優ソン・ジュンギと女優ソン・ヘギョが万人の祝福を浴びながらゴールインしている。


(写真提供=SPORTS KOREA)ソン・ジュンギとソン・ヘギョ


ドラマ『太陽の末裔』の出演がきっかけで交際に発展し、結婚にたどり着いた2人は、「世紀のカップル」と呼ばれ、韓国だけでなく中国でも関心を集めた。

結婚式は超豪華。気になるのそのお値段は?

これら“世紀のカップル”に共通するのは、結婚式が豪華で華やかなこと。多くのカップルが高級ホテルで挙式を挙げており、多数の祝賀客に見守られているが、その規模がスゴイ。

チャン・ドンゴン&コ・ソヨンは、衣装や指輪と時計、挙式、新婚旅行、新居の準備などで総額10億ウォン(約1億円)になったといわれている。また、900人の来場があったイ・ビョンホン&イ・ミンジョンの結婚式は、来客の食事代だけで1億5000万ウォン(約1500万円)を超えたとされている。

文字通り、億単位の“超豪華ウェディング”といえるだろう。彼ら彼女らが“世紀のカップル”と呼ばれる所以は、そんなところにもあるのだ。

(文=S-KOREA編集部)