写真1 寒すぎて、木も生えないロシア極北部。とても、こんな場所が世界の自動車産業を支えているように見えない(出所:ノリリスクニッケル社ウエブサイト)


 世界の自動車産業はロシアに依存する・・・。ロシアの自動車産業の実態を知る方々にとってはオイオイと言いたくなるフレーズであろう。

 ロシアの自動車産業は、量的にも質的にも日本とは比べものにならないほど劣る。自動車生産数は150万台程度、その中には輸入した部品を組立てるだけのノックダウン生産も少なくない。一方、日本は年間850万台もの自動車を生産している。

 ロシア製の自動車を見ると、車体の溶接が不適切で左右非対称であったり、プラスチック部品に成型不良が見えていたりという状態である。ネット上では、ロシア人からも酷評されている。

 以前よりはだいぶ改善が進み、ロシアの自動車メーカー、アフトヴァースが製造販売する「LADA」の最新車種ではロシア国内での評判が上がってきたとは言え、質的には日本ではあり得ないレベルである。

 結果として、ロシアの自動車は世界市場では全く存在感はなく、ロシアの自動車生産は、少数の例外を除き外資系企業によってなされていたり、外資系企業のブランドでなされていたりする。

 LADAの最新機種が評判を上げているのも日産ルノーグループの支援の結果である。客観的に見て、ロシアの自動車産業こそが海外の自動車産業に依存していると見るのが正しい。

 しかし、それでもロシアなくして、日本の自動車産業も世界の自動車産業も成り立たないのである。しかも、その依存先は一見すると自動車産業とは全く結びつかないあのスターリンの遺産なのである。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

スターリンの遺産の鉱山

 スターリンと言えば恐怖の独裁者として有名である。世界三大殺戮者とか呼ばれたりもする。

 その犠牲者と言えば1000万人とも、2000万人とも言われる。どの数字が正しいにせよ正確に人数が分からないほどおびただしい人々が犠牲になったことは間違いない。

 1930年代、スターリンの恐怖政治全盛期には命までは奪われなかった人も数多く強制収容所に放り込まれ、文字通り死ぬほどこき使われていた。

 強制重労働と言えば鉱山。少なからぬ収容所が鉱山の近くに作られた。北極に近いロシアの中でも北の果てのコルィマの金山の収容所は特に過酷だったことで有名であるが、それに勝るとも劣らないほど北極に近く、寒そうな場所にある鉱山が今回の主役である。

 1935年、北緯70度近い極北の地ノリリスクで鉱山開発と精錬工場の建設が始まった。スターリン時代らしく、その担い手は極めて非自発的に集められた人々である。

 恐らく、ここに送られた囚人は、こんな鉱脈が見つからなければよかったと思っただろうし、百歩譲って鉱脈が見つかったとしてももう少し温暖な場所にあったならばと思ったことだろう。

 スターリン時代、強制収容所、鉱山、加えて極北という組み合わせで、そこがどんな労働環境だったかは書くまでもない。

 こうしてできた鉱山と精錬工場は、のちに周辺で開発された鉱山も加わって、現在ではノリリスクニッケル社となっている。同社はロシア経済にとっても、ロシア以外の産業界にとっても大変重要な企業である。

 このノリリスクの鉱脈は、開発の方式もスターリン時代らしい特殊なものであったが、地質学的にも特殊である。

写真2 現在のノリリスクの鉱山(出所:ノリリスクニッケル社ウエブサイト)


世界的に稀な見る品位の高い資源

 ノリリスクの鉱脈はマグマから直接鉱物が堆積してできた正マグマ鉱床と呼ばれる鉱床である。正マグマ鉱床にできる硫化鉱床は銅やニッケルを含むため、銅やニッケルの鉱山として開発されることが多い。

 こうしたニッケルを含む硫化鉱床にはプラチナ、パラジウム、ロジウム、イリジウム、オスミウム、ルテニウムといった白金族元素を微量に含むことがあり、現在の白金族元素の資源の多くはこうした鉱床からもたらされている。

 ノリリスクの鉱脈が特殊なのは、含まれる白金族元素の量が通常ではあり得ないほど多いことである。

 ノリリスクニッケル社は同じようなニッケル、銅の硫化物をフィンランド国境に近いコラ半島でも採掘しているが、コラ半島の鉱床では鉱石1トン当たり0.07〜0.08グラムの白金族元素しか含まないのに対し、ノリリスクでは7グラム近い。実に100倍近い品位の白金族元素を含むのである。

 鉱石は、黄銅鉱(銅と鉄の硫化物)、キューバ鉱(銅と鉄の硫化物)、タルナフ鉱(ニッケルを含む銅と鉄の硫化物)が大部分であるが、砒白金鉱(プラチナの砒化物)、パオロヴォ鉱(パラジウムと錫の金属間化合物)、カブリ鉱(パラジウムと銅と錫の金属間化合物)、ニグリ鉱(プラチナと錫の金属間化合物)、モンチェ鉱(プラチナのテルル化物)などの多種の白金族の鉱物が微小な粒で含まれているものである。

 黄銅鉱やキューバ鉱は強い光沢のある金色なので、全体が金ピカに見え、外観からして豪華である。

写真3 ノリリスクの鉱石


 ノリリスクの鉱石には通常は顕微鏡や電子顕微鏡で観察するサイズのプラチナやパラジウムの鉱物が1センチを超える結晶で含まれることもある。

 もっともノリリスクですら、そうした結晶は例外で、通常のプラチナ、パラジウムの鉱物は顕微鏡サイズであり、銅とニッケルの鉱石でもある金色の鉱石を処理する中で、副産物としてプラチナやパラジウムを回収している。

 しかし、その品位が高いため全体量は尋常でない。特にパラジウムは1つの狭い地域で世界の40%を超える産出量をもたらしており、ノリリスクの鉱山は世界最良のパラジウム鉱山と言ってよい。

 なお、パラジウムはプラチナと類似の性質を持つ白金族元素で、化学的に安定、触媒として機能するという性質を共有する。

写真4-1 ノリリスクの鉱石に含まれる白金族元素の鉱物の電子顕微鏡写真。丸っこい粒がプラチナを含むニグリ鉱、細長い粒がパラジウムを含むソボレフスキー鉱。スケールが10ミクロンであることからサイズが分かるが、通常の白金族元素の鉱物はこのようなサイズのものである。


写真4-2 ノリリスクで産出する巨大なプラチナの鉱物の標本。銀白色の部分が砒白金鉱と呼ばれるプラチナの鉱物である。通常では写真4-1のようなサイズのものが、5ミリを超える目に見える結晶となっている。


 宝飾品として使われることが少ないので、知名度はプラチナに劣るが、産業的には重要な貴金属である。身近な所では銀歯の材料に使われているため、ほとんどの方の口の中に存在している。

 例外的な時期を除き、プラチナの方がパラジウムより高価なのだが、現在は価格が逆転し、パラジウムの方が高価である。

 かくも素晴らしい鉱山を所有しているノリリスクニッケル社は、世界最大のパラジウム生産者であり、世界第2のニッケル供給者でもある。

 さらに、プラチナでも世界の10%近くを供給する大供給者で、銅ではトップ争いには入らないものの世界10位くらいの大供給者である。

 そんな立派な資源が全くない日本からするとひたすら羨ましい話である。もっとも、ノリリスクは金属産業による汚染により、ロシアで最も汚染された町と呼ばれているというオチがある。

写真5 ロシア産プラチナ地金(出所:ノリリスクニッケル社ウエブサイト)


写真6 ロシア産パラジウム地金(出所:ノリリスクニッケル社ウエブサイト)


貴金属と自動車産業の関係

 さて、ノリリスクの鉱山と自動車産業にどのような関係があるのだろうか。実は、ノリリスク鉱山が世界の供給量の大きなシェアを占めているプラチナとパラジウムは、自動車産業に欠かせないのである。

 電気自動車や燃料電池車などが開発され、今後は化石燃料を用いる自動車は勢力を減らしていくような雰囲気であるが、現時点ではガソリン車が自動車の主役であることは確かであり、ガソリン車が走れなくなったら自動車産業はオシマイである。

 ガソリン車の大きな欠点は排気ガスを出すことである。温暖化の原因となる二酸化炭素も問題だが、排気ガスには毒性のない二酸化炭素よりももっとよくないものが含まれている。

 その代表がエンジンの酸化環境で窒素まで燃やしてしまってできる窒素酸化物、燃え残り燃料や燃料の分解物などの有機物、不完全燃焼で発生する一酸化炭素である。

 窒素酸化物は酸性雨の原因となるし、有機物には発癌性物質が含まれ、一酸化炭素は練炭自殺に使われるような有毒物である。

 ただエンジンを回すだけでは、こうしたものがどんどん出てきてしまい、都市部ではとても住めた環境でなくなってしまう。大気汚染が猛威を振るった高度経済成長期に逆戻りである。

 それでは自動車社会が成り立たなくなって困ってしまうので、窒素酸化物や有機物を極力取り除いて排出する。具体的には、エンジンの後ろに触媒コンバーターと呼ばれる窒素酸化物や有機物や一酸化炭素を分解する装置を取りつけている。

 窒素酸化物は還元、有機物や一酸化炭素は酸化という真逆の反応で無害化するが、触媒コンバーターには酸化・還元の両方を一度に行う三元触媒という優れものの触媒が仕込んである。この触媒に白金族元素のプラチナ、パラジウムなどが使われている。

写真7 触媒コンバーター(出所:マツダウエブサイト)


 もっともこの反応がうまく起きるには理想的な空燃比(空気と燃料の割合)が必要であり、酸素センサーによる排ガス成分データに基づいたエンジンの電子制御との組み合わせで機能している。

 なお、ガソリン車で話を進めてきたが、ディーゼル車でも排ガス浄化が必要なことは同じである。排気ガスの内容に違いがあるため、ディーゼル車と排ガス浄化の仕組みは若干異なる。

 プラチナ、パラジウムの触媒としての性質も若干異なり、ディーゼル車ではプラチナが用いられ、ガソリン車ではパラジウムが多く用いられる傾向にあるとされている。

 一方で、ガソリン車ではプラチナもある程度は使用可能であり、ディーゼル車でもパラジウムを使用した実績もあるようだ。

 完全に相互置き換えが可能なわけではないが、一定程度は相互に代替できるものである。実際に1990年代にパラジウムの価格が高騰した際、ガソリン車の触媒材料もまとまった量プラチナに置き換わったことがあった。

 プラチナというと宝飾品のイメージが強いが、2016年のリサイクルを含めた世界のプラチナ需要量244トンのうち、自動車触媒用は102トンを占めている。

 一方宝飾品は68トンであり自動車用よりも少ない。パラジウムでは需要量304トンのうち、自動車触媒用は229トンであり、4分の3が自動車産業によって消費されている。

 ちなみに、日本の自動車産業は2016年にプラチナ10.3トン、パラジウム26.7トンを使用した。

 触媒コンバーターがないと、フォルクスワーゲンの不正ソフト搭載車のように有害物質を排出し、車が“走る大気汚染”な状態になり、自動車を走らせることができない状況になる。

 触媒コンバーターも、それに使用するプラチナやパラジウムも自動車産業には必須で欠くべからざるものである。

 もちろんプラチナやパラジウムは高価なので安価な素材で代替する需要はあるのだが、残念ながら現時点では開発に成功していない。

プラチナ、パラジウムの極端な偏在

 プラチナ、パラジウムを使うことが避けられないとして、何が問題だろうか。プラチナ、パラジウムでまず指摘されるのは供給源が偏り、極端に南アフリカとロシアに依存していることである。

 プラチナ産出量は1位南アフリカ、2位ロシア、3位ジンバブエである。南アフリカだけで産出量の7割を超え、ロシアが加わると8割を超え、ジンバブエが加わると9割を超える。

 もちろん日本やその他工業国でのリサイクルもあるが、リサイクルによる供給量はプラチナ供給量の2割ほどなので、世界はプラチナの7割を南アフリカ、ロシア、ジンバブエに依存しているのである。

 パラジウムでは、産出量1位ロシア、2位南アフリカ、3位カナダである。しかし、カナダはロシアと南アフリカに比べると5分の1程度の産出量しかなく、ロシアと南アフリカだけで産出量の7割5分、リサイクル分2割を足してもロシアと南アフリカに供給量の6割を依存している。

 この数字から極端に偏在していることはよくお分かりいただけるだろう。加えて、偏在している場所がロシアと南アフリカであることが問題をより深刻にしている。業界ではロシアも南アフリカも危ない国とされているのだ。

 ロシアはウクライナ紛争など、いろいろ見た目が悪いことがあるのかもしれないが、ロシアの仕事をしていると、ロシアの治安は良いし、政情不安もあまり感じないため、ロシアと南アフリカを一緒にすることはちょっと違うのではないかと言いたい。

 事実、南アフリカは社会に大きな緊張を抱え、実際に死者まで出ているプラチナ鉱山の労使関係は、ここ何年かプラチナ、パラジウムの市場における大きな不安要因である。一方、最近のロシアでは大きな供給不安要因はない。

 とは言え、実は、前述の1990年代のパラジウム高騰はロシアの税関システムの不調で輸出が滞ったことが原因だったようだ。政情不安国扱いはヒドいと思うが、今となっては昔の90年代とは言えコケた前科が確かにあった。

 偏在していない資源であれば、産出国1カ国がコケても他でカバーできる。しかし、プラチナ、パラジウムでは南アフリカかロシアのどちらかがコケれば、市場は大きく乱されることになる。

 さらに、この2カ国はコケる可能性が決して低くないという目で見られているのだ。プラチナ、パラジウム市場は一種のバクダンを抱えていると見做されている。

自動車産業に被害の可能性

 供給に業界の誰もが一抹の不安をかかえるプラチナ、パラジウム。実際の自動車産業にとってどうであろうか。

 供給が滞らなくても、滞る可能性が高くなれば奪い合いが始まり、価格が高騰する。プラチナもパラジウムも自動車1台あたり数グラム程度の使用量であるが、プラチナもパラジウムも価格が高い。プラチナは1グラム約4000円、パラジウムは1グラム約4500円で推移している。

 仮に、自動車1台に3グラム使用しているとすると、25%価格が上がれば台あたり約3000円、2倍になれば1万2000円のコストインパクトになる。

 数百万円の商品の数千円から数万円は小さく見えるかもしれないが、自動車の生産量は多く、1モデルあたり最低年間数万台、多い場合は数十万台、自動車メーカー全体では数百万台の自動車を作る。

 1台あたり1万円が10万台あれば、10億円である。そのため、1台あたりの金額は小さくても膨大な数がかかる前提でコストを扱う。

 自動車産業では通常でも1台あたりのコスト交渉は、場合によっては1円の単位になるし、部品では0.1円の単位で交渉していたりする。

 そういう自動車開発の現場では突発的コスト上昇要因が発生すると、現場に追加のコストダウン目標が割り振られたりする。

 仮にプラチナ、パラジウムが25%上昇したからといって、台あたり3000円のコストを吸収してくださいなどと命じられようものなら、設計はコストダウンのための設計変更に追われ、購買は追加の値下げ交渉が必要になり、サプライヤーは値下げを要求される。

 しかし、彼ら全員がただでさえ普段から厳しいコストダウン求められている。そこに追加でコストダウンが要求されるのである。関係者はたまらない。自動車産業の末端ではコスト負担の押し付け合いの大喧嘩が繰り広げられることになる。

 価格上昇で済んでいればまだいいが、長期にわたり南アフリカから貴金属が一切出ないということになれば、世界のプラチナ、パラジウムの合計供給量の4割がなくなり、ロシアで同じことが起こると、2割がなくなる。

図1 プラチナ供給量とパラジウム供給量を足した数値で見たシェア。白金族元素の供給をロシアと南アフリカに依存していることが良く分かる。(出所:Thomson Reutersの資料から作成)


 そのようなことになった場合、価格高騰はするだろうがある程度は在庫で吸収できるだろう。しかし、供給停止が長期化し、自動車産業にプラチナ、パラジウムが届かなくなる事態になれば、届かなかった分、自動車の製造ができなくなっていく。

 プラチナとパラジウムがなければ自動車が作れなくなる自動車産業は、南アフリカとロシアという少し危なっかしい2本の足で支えられているようなものである。

 そのロシアの方は、さらにロシアの中でもノリリスク市周辺の狭い地域に偏在しており、特にパラジウムに関しては事実上、ノリリスクのみで採掘している状態に近い。ノリリスクの鉱山は世界の自動車産業を支える2本の足の1つとなっているのだ。

 日本の産業がいくら発達しても、日本にない資源はどうあがいても絶対にない。もちろん代替技術は様々な分野で熱心に開発され、ネオジム磁石のディスプロシウムのように使用量大幅減を達成したものもある。

 しかし、三元触媒のように半世紀を経ても画期的代替技術はないものもあり、日本の産業は資源というある種のアキレス腱を抱える運命にあるのだと思う。

 そのアキレス腱は様々なところにあるのだろうが、その1つを守るのはロシアの酷寒の地域にあるスターリン時代の遺産の鉱山なのだ。

筆者:渡邊 光太郎