映画『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』の一場面(予告編より、出所:)


 1月13日、中国四大名書の1つである『西遊記』をベースとした中国発のアニメ映画「西遊記 ヒーロー・イズ・バック」(中国語原題:西遊記之大聖帰来)が日本で全国公開された。中国アニメ映画の日本での全国公開は初めてである。

 今のところ映画レビューサイトでは、「中国のアニメがどんどん進化している」「期待してなかったが、クオリティーが高く驚いた」「独創性にすぐれた作品」など評価は上々で、順調なスタートを切っている。

 ヒーロー・イズ・バックは、3D映像を20年以上手掛けてきた田暁鵬氏が監督を務めた作品で、2015年7月に中国で公開された。9億5600万元(約192億円)の興行収入を記録し、中国産アニメ映画史を塗り替えた大ヒット作だ。日本のアニメ映画と比較すると、2016年に公開され、同年の日本のアニメ映画興行収入でトップとなった「君の名は。」(235.6億円)と肩を並べる規模となる。

 また、同年のカンヌ国際映画祭では、中国のアニメ映画の海外での販売額としては過去最高を記録。各メディアはこぞって“世界に通用する中国産アニメ映画の誕生”と報道した。

 中国人の友人は成功の要因として「孫悟空をこれまでとは違う独特のヒーローとして登場させたこと」と「画風の斬新さ」を指摘する。中国のアニメ映画界はこれまで長い間“パクリ”のレッテルを張られてきたが、ヒーロー・イズ・バックは突如として現れた起爆剤のような役割を果たすこととなった。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

世界に認められた「ビッグフィッシュ&ベゴニア」

 中国では、続いて翌年の2016年7月にアニメファンの心を揺さぶる作品「ビッグフィッシュ&ベゴニア」(中国語原題:大魚海棠)が公開された。監督である梁旋氏のオリジナル作品で、美しい画風と道家の文献「荘子・逍遥遊」や古代地理書を織り交ぜながら進む、幻想的な物語の展開に大きな話題を呼んだ。

 ビッグフィッシュ&ベゴニアの興業収入は5億6505万元に達し、同年に中国で公開されたアニメ映画では、ウォルトディズニーの「ズートピア」、ドリームワークスの「カンフー・パンダ3」に続き3位にランクイン。ちなみに、中国でも人気を博した新海誠監督の「君の名は。」は4位(5億6258万元)だった。

 昨年(2017年)12月には、ハンガリーのブダペストで開催された第15回Anilogue国際アニメーション映画祭で、最優秀長編作品賞を受賞。中国産アニメ映画が、本当の意味で世界に認められることとなった。

「PG-13」指定されたアニメが話題に

 そして2017年には、7月公開の「大護法(DAHUFA)」が話題をさらった。「PG-13」(13歳未満の鑑賞には保護者の強い同意が必要)指定だったことに加え、その一風変わった画風が人々の想像力と興味をかき立てた。

 大護法とは、皇帝の身を守るボディーガードのこと。冒頭ではいきなり、ヒトに似て非なる、ニセモノの目と口を持った奇妙な生き物たちの首が、大護法によって一瞬のうちに斬り飛ばされる。その強烈なシーンに「本当に中国政府の検閲をパスしたのか?」との考えがよぎる。

 ストーリーも従来の中国アニメとは一線を画している。不思凡監督が中国メディアに語っているように、「自分は何者なのか」を追及していく、独特の世界観を持った大人向けのアニメ映画で、全体にちりばめられたメタファーが社会的にも大きな反響を呼んだ。

 大々的にプロモーションをしたわけでもなく、上映映画館数もそう多くなかったことから、興業収入は8760万元にとどまったものの、公開から数日で映画レビューサイトでは「中国産アニメ映画もついにこの水準になった」「こんな国産アニメができるとは」などと大絶賛された。

 大護法は、ヒーロー・イズ・バック、ビッグフィッシュ&ベゴニアと並び、中国アニメ映画ファンの間で大きな話題となり、3部作として議論の対象となっている。

 3作品に共通しているのは、監督が莫大な時間と労力を費やして制作に挑んだことと、資金不足に悩まされ紆余曲折を経ながらも企業や多くの個人の援助を受け、最終的に日の目を見たことだ。ヒーロー・イズ・バックは8年、ビッグフィッシュ&ベゴニアは12年の歳月をかけて完成した。大護法の制作期間は約3年だが、不思凡監督はメディアに対し「構想から制作にとりかかるまでにも数年を費やした」と話している。

かつては全盛期も

 中国のアニメ映画に80年余りの歴史があることは、日本ではほとんど知られていない。中国最初のアニメ映画が制作されたのは1920年代。中国で全盛期だった1960〜80年代の作品は、アニメ映画ファンなら誰もが認めるほど、そのレベルは高かったという。

 いまだにその頃のアニメ映画ファンは少なくなく、中国人の友人らは声をそろえて「米国や日本に負けないレベルだった」と断言する。中国の伝統的な水墨画や切り絵、影絵などを取り入れた作品が多く、いずれも子どもの心をつかむ主人公が登場した。

 プロデューサーとして日中合作アニメを10年以上手掛けてきた北京巨眼文化伝媒有限公司の和泉將一氏によると、「昔の中国産アニメ映画は絵にオリジナリティーがあり、ピュアな中国の要素を取り入れた素晴らしいアニメ映画が多かった」。ただその後、人々が米国や日本のアニメに目を向けるようになったことで、中国産アニメ映画は長い氷河期を迎えることになる。

 海外のアニメ制作会社からの下請け時代に突入したことも大きい。そして 2004年には、中国政府がアニメ映画業界の復興に向け補助金政策を打ち出し、業界に大きな影響を及ぼした。アニメ制作会社は補助金獲得のため、“質より量”に転倒していったのだ。

 中国のアニメ業界では、コストを安く抑えるため、発注側が制作会社に海外アニメの模倣を要求するようになり、「中国アニメは海外アニメの“パクリだ”」と揶揄(やゆ)されるようになっていく。

 そのような環境の中、自分たちでオリジナル作品を作りたいと動き出していた監督や制作チームの成果が実る形で、2015年にヒーロー・イズ・バックが登場し、歴史に残る大ヒットを記録する。2015年は、中国で上映されたアニメ映画の興行収入上位10位のうち、中国産アニメ映画5本がランクインした。また2016年、2017年には中国オリジナルの作品が複数公開されて話題になるなど、今、中国のアニメ映画が再び盛り上がりをみせている。

課題は細部の設定や制作体制

 ただ、和泉氏は「技術・デザイン面のオリジナリティーは大きく進歩しており、世界に通用する水準まで来ている」としつつも、「ストーリーやメッセージ性、キャラクター付けなど、目には見えない細かい設定はまだまだ」と指摘する。

 また、「時間をかけてでもいい作品を制作しようという姿勢が出てきたことは素晴らしいが、制作に時間がかかり過ぎている。制作体制やプロデューサーが育ってないことがその背景にある」として、「解決すべき課題も多い」と話す。

 さらに和泉氏は「時代に沿った中国らしさを採り入れることも必要」だと言う。「1960〜80年代の全盛期の中国アニメ映画のような、中国のオリジナリティーやアイデンティティーを重視した作品が出てくることを期待している」と述べた。

興行収入は海外産頼みの現状

 調査機関の中商産業研究院によると、中国で上映されたアニメ映画の興行収入は、2011年の16億4000万元から2016年には68億9000万元に急成長した。このうち中国産アニメ映画は、2011年の3億1000万元から2016年の23億8000万元へと7倍以上に拡大。ただ、2016年の本数の内訳でみると、中国アニメが42本、海外アニメが23本と、中国アニメの本数が圧倒的に多いにもかかわらず、興業収入は海外アニメが支えているのが現状だ。

 また2017年は、中国でのアニメ映画の興行収入が47億元に下落した。その要因として、2016年と比べて海外産アニメ映画の興行収入が少なかったことが指摘されている。2017年に興業収入が10億元超となったアニメ映画は10本。内訳は米国産が5本、中国産が4本、日本産が1本で計37億元である。2016年をみると10億元超は14本で、米国産が8本、中国産が2本、日本産が4本で計70億元だった。2017年は海外産アニメの興行収入の減少が、アニメ映画全体の興行収入の下落の要因であるという指摘を裏付けている。

 そうした状況の中、映画業界は中国産アニメに期待を寄せている。和泉氏は「3年ほど前から、出資者側に自分たちでいいアニメを作ろうという動きが出始めた」と話す。そのころに出資を受けたアニメ映画が、3〜5年の制作期間を経て今年以降に公開されていくはずだ。また、ビッグフィッシュ&ベゴニアと大護法は2作目が制作される予定という。

 今後、中国産アニメ映画はどの程度、海外産のシェアに食い込んでいけるのか、そして、さらに進化した新しい中国産アニメ映画は出現するのか。大きな期待とともに見守りたい。

筆者:山田 珠世