米アップルは1月24日、今春、一般公開を予定しているiPhoneの次期OS「iOS 11.3」で、利用者が医療機関から自分の情報を手軽に入手できるようにする仕組みを用意すると発表した。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

患者の医療情報、本人のiPhoneに集約

 iPhoneには、健康管理のアプリ「Health」(日本語の名称は「ヘルスケア」)が搭載されている。これをiOS 11.3のリリースとともにアップデートし、新たに「Health Records」と呼ぶセクションを設ける。

 そして、利用者は、このHealth Recordsで、病院などの医療機関から自分のデータを集め、管理できるようになるという。その項目は多岐にわたり、例えば、病状、治療、検査結果、服薬、バイタル、アレルギー、予防接種などがある。

 この新機能は、当面、米国のiPhone利用者に限定したものになる。アップルは、ジョンズ・ホプキンス・メディスンや、セダーズ・サイナイといった十数の米国医療機関と提携しており、これらの患者は、新機能が利用できるようになるとしている。

 アップルによると、これまで患者は、各医療機関に保存された自分のデータを、それぞれのウェブサイトにログインして取得し、自身の手で集約しなければならなかった。

 そこで、同社は、医療機関と連携し、患者にやさしいアプローチを取ることにしたという。今回開発したHealth Recordsは、電子的な医療記録を転送するための標準規格「FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)」に準拠していると、同社は説明している。

アップルの医療・健康分野への取り組み

 アップルはかねてから、iPhoneを、健康・医療情報管理の中心的な端末として利用できるようにすべく、この分野に力を入れている。

 例えば、iPhoneには、フィットネス機器や健康管理のアプリからデータを集めて共有するソフトウエア基盤「HealthKit(ヘルスキット)」がある。これと、前述したHealthアプリを組み合わせることで、利用者は自身のデータをiPhoneや、腕時計端末の「Apple Watch」で確認したり、医師から通知を受けたりすることができる。

 アップルが、これまで明らかにした健康・医療関連のソフトウエア基盤は、ほかにも2つある。1つは、医学・医療研究用の「ResearchKit(リサーチキット)」。これを使うと、iPhone利用者の活動や症状、健康状態を測定・調査するアプリの開発が可能になる。

 もう1つは、「CareKit(ケアキット)」。こちらは、個人の健康・症状・治療データを扱うアプリを開発できるというもので、アプリでは健康管理のプランを記録したり、症状や投薬治療の管理を行ったりすることができる。

 アップルは、今回の発表で詳細について述べていないが、Healthアプリの新機能は、このCareKitのコンセプトに近いものになるようだ。

(参考・関連記事)「アップル、『iPhone』を個人医療情報のハブに」

情報漏えいの懸念は?

 なお、利用者が最も懸念するプライバシーの問題については、安全性がしっかり保たれると、アップルは説明している(米ウォールストリート・ジャーナルの記事)。

 同社によると、データは、医療機関から患者のiPhoneに直接送られ、アップルのサーバーを経由することはないという。

 また利用者は、アップルのクラウドサービス「iCloud」に、自身のデータをバックアップとして保存することができる。しかし、iCloudでは、すべてのデータが暗号化されるため、アクセスできるのは、利用者自身に限られるとしている。

筆者:小久保 重信