都内でも住みたい街の上位に、常にランクインする恵比寿。

仲間と肩肘張らず楽しめるお店がたくさんあり、便利で、何より賑やかな街である。

ベンチャー系IT企業に勤めるサトシ(28)も、恵比寿に魅了された男の一人。

顔ヨシ・運動神経ヨシ・性格ヨシで、学生時代から人気者だったサトシは、その社交性から遊ぶ仲間には事欠かない。何かと便の良い恵比寿は、フットワーク軽いサトシにぴったりの場所である。

まさに典型的な恵比寿に生息する男・通称“エビダン”である、彼の生態を探っていこう。

ある日参加した食事会で元グラドルの杏奈と出会い、心揺さぶれるサトシ。しかし杏奈は、学生時代に全く冴えなかった同級生で、現在外銀勤めの龍太に心奪われていた・・・




龍太と再会してから、何とも言えない焦燥感に駆られていた。

学生時代にモテていた記憶もないし、どちらかと言うと冴えない印象しかなかった龍太。彼から告げられた外資系投資銀行の年収を、思わずGoogleで検索する。

-最低年収1,500万〜4,000万

「マジかよ……。」

PCから目を離し、再開発で工事が続いている渋谷の街並みを見つめた。

そこそこモテて、遊ぶ友達も多く、毎日それなりに楽しい。年収は、700万弱。同世代の年収と比較すると、低くはない方である。

それなりに自分の人生に満足していたはずなのに、龍太と再会してから何だか心がヒリついている。

天使のように可愛らしい杏奈の視線を捉えていたのは、僕ではなく龍太だったのだ。こんなこと、昔なら絶対に考えられなかったのに。

そんなことを考えていると、先輩から社内メッセージが届いた。

-サトシ、今夜の飲み会頼んだよ

-今日は恵比寿の『イワカムツカリ』を予約しています。女の子たちも、可愛いメンツ集めました!

こういう時は、飲むに限る。僕は夜の恵比寿へ向かった。


社会人デビュー感が否めない港区男子に対してザワつくエビダン


エビダン!の食事会の目的は、女性ではなく男性との人脈形成


今夜の相手は、国内のメガバンク勤務の24、5歳の女の子達だった。

食事会に使える良い店をどのくらい知っているか、どんな女性を集められるか。その手腕が問われる食事会は、出会いだけが目的ではない。

男同士の交流を深める意味合いも、大きいのだ。

同世代だったら、男友達との絆を深めるため。そして会社の先輩から頼まれる会に関しては、職場における先輩とのコミュニケーション作りのためだ。

「このお店フォトジェニックだし 、寒いからしゃぶしゃぶ嬉しいな〜♡」

「喜んでもらえて良かったよ。サトシは、仕事ができるからね!」

先輩と女性陣が嬉しそうに「葉衣しゃぶしゃぶ」を囲う姿を見て、本日の食事会、幹事としての役割は果たせたと満足する。




「サトシさんのタイプは、どんな人ですか?」

先輩方の飲み物や食事に気を使っている傍ら、僕の隣に座った梨花が話しかけてきた。

“タイプ”と聞かれて、咄嗟に、杏奈の顔が浮かんだ。

「可愛くて、品がある人かなぁ。あとは仕事を頑張っている女性が好きかも。」

杏奈のことは、まだよく知らない。だからこそ、もっと知りたい...。他の子と話しているにも関わらず、無性に杏奈に会いたくなった。

「へぇ〜じゃあ結婚して専業主婦とかナシですか?」

「ナシではないけれど...共働きの方が嬉しいかな。それより、梨花ちゃんのタイプは?」

「優しい人です。優しくて、真面目で誠実な人かな。」

冷たいビールが喉を伝っていくのを感じながら、梨花の言葉を頭の中で繰り返す。

女性はよく、“好きなタイプは優しい人”と言うけれど、男は優しいだけで良いのだろうか?

今度は、龍太の顔が脳裏をかすめる。確かに頭はキレて成績が良かった記憶はある。しかし決して顔が良いとも言えない上に、冴えなかった龍太。

でも社会人になってからモテるのは、結局“外銀”勤めの、龍太の方なのだろうか。

「みんなでカラオケ行くけど、サトシも来るだろ?」

「すみません、ちょっと今夜は抜けます。」

先輩に誘われたが、無性に杏奈に会いたくなり、僕はダメ元で杏奈にLINEを送った。

-今何してる?恵比寿にいるんだけど、一杯飲まない?

まだまだ熱気を帯びる街。時間は23時半。大概の女性は、呼んだらすぐにやって来るのが、ここ恵比寿である。

しかし、モテる杏奈のことだ。返信は来ないかもしれない。ダメだったら皆のカラオケに合流しよう。そう思っていた時、携帯が振動した。

-いいですよ。どこに行けばいいですか?

僕は小さくガッツポーズをし、待ち合わせ場所のリンクを送る。慌てて恵比南の交差点方面へと向かった。


呼んだら女性がやって来る街、恵比寿!しかし杏奈は…


エビダンの葛藤


まさか杏奈が来てくれると思っていなかったので、僕は柄にもなくドキドキしていた。

『Noir』のカウンター席で待っていると、白のオフショルダーにデニムというラフな服装をした杏奈がやってきた。




杏奈は家にいたのか、メイクも薄めでお風呂上りのような香りがほのかに鼻をかすめる 。

「あれ?ごめん、もしかしてもう家に帰ってた?」

「そうなんです…」

そう答えた杏奈はどこかぎこちなく、元気がないように思えた。

「元気ないけど、何かあった?」

僕がそう聞くと、杏奈は一瞬の間の後、ふぅっと大きく息を吐いてこう言った。

「こんなことサトシさんに言うことじゃないんですけど…。実は今日、龍くんが、“こっち終わったら連絡するから”って言っていたから家で待っていたんだけど、全然連絡が来なくて。」

杏奈の大きな瞳から、今にも大粒の涙が溢れそうだったが、必死に笑顔を取り繕っていた。

「龍くんって、龍太のことだよね……?」

黙ってコクリと頷く杏奈に、僕は何もできずそっと自分の拳を握りしめる。

どうして、よりによって龍太なのだろう?行き場のない虚しさと怒りでいっぱいになる。

「……付き合って、長いんだっけ?」

今夜は、杏奈の話を聞くことにしよう。そう腹を括り、僕は精一杯の優しさで杏奈に尋ねる。

「付き合っては、ないです。もう半年くらいデートはしているのに、永遠に好きとも付き合おうとも言ってくれなくて。でも、どうしても龍ちゃんから離れられないし、一生懸命追いかけているんです。」

-そんな奴の、どこがいいんだ?

そう言いかけた言葉を、ぐっと飲み込む。

僕が口を挟む権利はないし、杏奈が好きなヤツの悪口を言うのは、もっと違うと思ったから。

「杏奈ちゃん、可愛いし性格も良いし、もっと大切にしてくれる人が沢山いると思うけどな...」

そっと呟きながら、僕は普段滅多に飲まないウィスキーをちびりと飲んだ。困ったような、でも嬉しそうな顔でこちらを見つめている杏奈の視線を感じた。

「サトシさんって、本当に優しいですよね。一緒にいて楽しいし。サトシさんみたいな人と付き合える女の子は、きっと幸せなんだろうなぁ。」

-そうかな…。

そう言われるのは嬉しいが、他人事のような杏奈の台詞に、僕の心はぎゅっと締めつけられる。

すると、カウンターの上に置いていあった杏奈の携帯が震える。

画面には、“龍くん♡”と表示されていた。

「あ……!」

着信を見た途端にパァッと花が咲いたように明るくなった杏奈の顔を見て、僕は何も言えずに黙って笑顔を作る。

「あの……すみません……」

杏奈の心は、もうここにはない。今の僕ができることは、何も気付かないフリをして、彼女をいち早く解放してあげることだろう。

「……そろそろ、出る?夜道は危ないから気をつけて帰ってね。今日は遅い中、呼び出しちゃってごめん」

「こちらこそ、せっかくだったのにバタバタでごめんなさい。今度ゆっくり飲みましょうね!」

笑顔で手を振って帰る杏奈を、僕はあくまでも明るいフリをして見守ることしかできなかった。

「一体、何をやっているんだか...」

店を出ると、相変わらず恵比寿の街は賑わっている。

いつもは高揚感と安心感を与えてくれる金曜恵比寿の、喧騒。

しかし今夜は、たった一人ぼっちのような寂しさを感じ、先輩にLINEを送った。

-まだ飲んでますか?そっち、合流します!

誰でも呼んだらすぐに来てくれる街、恵比寿。でも時として、本当に会いたい人には会えないこともあるのだ。

▶NEXT:2月8日火曜更新予定
社会人デビューで何が悪い?港区男子の逆襲とは




あなたの結婚観教えてください!​
アンケートへの回答はこちら​から!
<回答期間:2018年1月30日(火)〜2018年2月6日(火)>