少量の血液からアルツハイマー病発症の可能性を発見 世界初の研究発表

ざっくり言うと

  • アルツハイマー病の発症の可能性を少量の血液から確認する方法が見つかった
  • 国立長寿医療研究センターと島津製作所の研究チームが発表した
  • 血液検査で発症の可能性が分かる方法が確立されたのは世界で初めてだという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング