iPhoneに最初から搭載されている計算機アプリにおいて、バグ修正の際に削除されたアニメーションが、iOS11.3のベータ版で復活していることがわかりました。

アニメーション削除でバグを修正

iOS11で、計算機アプリにすばやく数字を入力すると、正しい答えが出せないというバグが報告され、Appleはこれを、加減乗除キーのアニメーション(色が徐々に変化する)を削除する、という方法で修正しました。
 
したがって現在一般公開されている最新版のiOS、iOS11.2.5では、「×」「÷」「+」「-」のキーは、オレンジと白が切り替わる仕様になっています。「=」のキーを押すと、その違いがわかると思います。

iOS11.3では加減乗除キーが変化

米メディア9to5Macによれば、現在ベータ1が開発者と一般登録テスター向けに公開されているiOS11.3では、加減乗除のキーも「=」と同じように、色が徐々に変化するようになっているとのことです。つまり、本当の意味で完全にバグが修正されたことになります。
 
9to5Macが、アニメーション復活前のiOS11.2の計算機アプリと、復活後のiOS11.3ベータの計算機アプリを比較する動画を公開していますので、以下でご覧ください。
 

 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)