スペイン遠征中のU-19日本代表は30日、『U-19インターナショナル・トーナメント』の初戦でU-19カナリア諸島選抜と対戦し、2-1で勝利した。

 リーガ・エスパニョーラ2部のテネリフェや、リーガ1部のラス・パルマス所属の選手を中心に構成されたカナリア諸島選抜との初戦を迎えた日本は、前半終了間際に先制。44分、左サイドを駆け上がったDF東俊希(広島ユース)の鋭いクロスをFW飯島陸(前橋育英高)がヘッドで合わせ、ゴールネットを揺らした。

 1-0で折り返した後半3分に同点に追いつかれた日本だったが、10分にMF横山塁(FC東京U-18)がPKを獲得。これを横山自ら冷静に決めて2-1と勝ち越した。その後は、相手の猛攻に耐える時間が続いたが、リードを守り抜き、初戦を白星で飾った。

 日本サッカー協会(JFA)によると、先制点を挙げた全国高校選手権得点王の飯島は「本日の試合は点を取れたことは良かったですが、決められるチャンスは他にもあったし、ボールを失うことも多かったので、フィジカルの強い相手でも、もっとキープすることや、シュートの精度などに磨きをかけたいと思いました」とコメントしている。

 以下、試合記録

U-19日本代表 2-1(前半1-0)U-19カナリア諸島選抜

▼得点

44分:飯島陸

48分:失点

55分:横山塁

▼出場メンバー

GK 1 中野小次郎(法政大)

DF 18 加藤慎太郎(三菱養和SCユース)

(63分→DF 5 菅原由勢(名古屋U-18))

DF 13 安藤智哉(愛知学院大)

DF 3 中村勇太(鹿島ユース)

DF 20 東俊希(広島ユース)

MF 17 横山塁(FC東京U-18)

(63分→FW 11 宮代大聖(川崎F U-18))

MF 6 喜田陽(C大阪U-18)

(63分→MF 8 福岡慎平(京都U-18))

MF 16 関大和(流通経済大)

MF 14 上月壮一郎(京都U-18)

FW 9 加藤拓己(山梨学院高)

(90分→DF 4 谷口栄斗(東京Vユース))

FW 10 飯島陸(前橋育英高)

(77分→MF 7 半谷陽介(東京学芸大))

▼控え組

GK 12 青木心(JFAアカデミー福島U18)

DF 2 田中康介(立命館大)

DF 15 小林友希(神戸U-18)

MF 19 山本理仁(東京Vユース)