画像提供:マイナビニュース

写真拡大

富士フイルムは1月31日、ミラーレスカメラ「X」シリーズ用の交換レンズとして、小型軽量の標準ズームレンズ「フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」を発表した。シルバーとブラックの2色を用意。3月15日より発売する。価格は41,500円(税別)。

焦点距離23〜69mm相当(35mm判換算)の標準ズームレンズ。重量が約135gと「X」シリーズ用の交換レンズではもっとも軽量。同日発売のミラーレスカメラ「X-A5」と組み合わせても、総重量は約496gと軽い。

レンズ構成は9群10枚(非球面レンズ3枚、EDレンズ2枚)で、高い解像性能を備えながらも、全長が44.2mmに抑えられている。電動ズーム機能を搭載しているので、動画撮影時にスムーズなズーミングも可能。広角端(23mm相当)での撮影では、レンズ先端から5cmの接写も行える。

レンズ内に光学手ブレ補正機構を内蔵し、ステッピングモーターによりAFの高速性と静粛性を両立する。主な仕様は以下の通り。

フィルター径 : 52mm

絞り形式 : 7枚羽根 円形絞り

最短撮影距離(撮像素子面から) : 13cm〜(広角)、35cm〜(望遠)

最大撮影倍率 : 0.24倍

最大径 : 62.6mm

長さ : 約44.2〜65.2mm

重さ : 約135g (レンズキャップを含まず)