PSGエメリ監督、CL王者レアル戦へ バルサ戦“史上最大の逆転負け”を糧に雪辱期す

写真拡大

CL16強でレアルと激突するPSG、エメリ監督の心に残る昨季バルサ戦の屈辱

 2月13日に再開されるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)、決勝トーナメント1回戦で最注目カードとなるのは同14日のレアル・マドリード対パリ・サンジェルマン(PSG)であることは間違いないだろう。

 この戦いで屈辱を晴らすチャンスとなるのはPSGのウナイ・エメリ監督だ。スペイン紙「AS」は衛星放送局「BeIN SPORTS」のインタビューを引用する形で紹介。昨季バルセロナ戦での史上最大の逆転劇を振り返るとともに、レアル戦への展望を語っている。

 これまでバレンシア、セビージャなどの指揮官を務め戦術家として評価されてきたエメリ。2016年からPSGを率いているが「世界最高のチームとなることを会長と話しているし、CL王者になることを望んでいる」と野心を包み隠さない。その思いをへし折られたのは昨季の決勝トーナメント1回戦だった。

 ホームでの第1戦では指揮官が「壮大な4-0だった」と語る通り、バルサを機能不全に陥らせて4点差で勝利。この時点で勝敗は決まったかに見えたが、カンプ・ノウでの第2戦ではネイマールの八面六臂の活躍もあって1-6の大逆転負けを喫した。ピッチ内での劣勢に対応できなかったエメリには大きな批判が集まることになった。その当時の状況を指揮官は「私にとって、とてもネガティブなものであったけど、それはポジティブなものとせざるを得ない」と語り、次のように続けている。

3トップの破壊力を前面に押し出す狙い

「私は(第2戦の)90分間が長いものでカンプ・ノウは難しくなると、会長を含めて言っていた。そして試合後に彼らはそれを痛感したんだ。私はどの場所からも逃げたいと思ったんだ。30分くらいはカンプ・ノウの周辺を歩き回っていたくらいだからね。何度、壁にキックしたか覚えていないくらいだよ」

 こう屈辱の時を振り返ったが、2年連続でリーガ名門の軍門に下るわけにはいかない。「我々はここ近年3度CLを制した世界最高のチームと戦う。そのために最善の準備をしている」と話すとともに「4-3-3システムは偉大なプロフェッショナルと天才を使える。ポゼッション、ハイプレスをかけられる」と、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ、フランス代表FWキリアン・ムバッペ、そしてネイマールの3トップの破壊力を前面に攻撃を仕掛けようとしている。知将エメリの青写真は現実となるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images