LINEモバイルとソフトバンクは31日、MVNO事業において戦略的提携を進めることで基本合意した。

 LINEモバイルはLINE傘下でMVNO「LINEモバイル」を運営する企業。今回の提携ではMVNO事業における業務提携と、ソフトバンクがLINEモバイルへ出資する資本提携の両方が実施される。

 LINEモバイルが2018年3月頃までに実施する第三者割当増資により、同社はソフトバンクが51%、LINEが49%出資する合弁会社となる。代表取締役社長は、引き続き嘉戸彩乃氏が務める。この提携によりLINEモバイルは、ソフトバンクの知見を活用してMVNO事業のさらなる成長を目指すとしている。具体的な事業展開は、今後両者の協議して決定するとしている。

 なお、現時点のLINEモバイルのユーザーに対しては、これまで通りのサービスが提供される。

 LINE広報は今回の提携を決めた意図を「ソフトバンクの持つ端末調達やマーケティングとしての知見を取り込むのが、MVNO事業の成長の上で魅力と感じた」と説明。「LINEモバイル」のブランドは維持し、LINEとしても引き続きMVNOに注力していくとした。同社は契約者数を非公開としているが、ユーザー満足度で92%、解約率は1%以下とユーザーの支持を受けて順調に成長しているという。

 LINEモバイルは現在、NTTドコモのネットワークを利用して展開している。ソフトバンクの広報は、提携後の展開はこれからと前置きしつつも、「将来的にソフトバンク網に置き換えていく可能性はある」と話した。

 また、ソフトバンクがサブブランドとして展開する「Y!mobile(ワイモバイル)」との競合については、「Y!mobileは全国にショップ網を展開し、リアルな顧客接点が必要なユーザーに対応できる。LINEモバイルはオンラインで完結するサービスで、シンプルでスピーディーな対応ができる。一例だが、そういった形で棲み分けはできるのではないか」(ソフトバンク広報)としている。