セルティック移籍の21歳逸材MFが美技 華麗なヒールパス称賛「ヒーローとして歓迎」

写真拡大

チェルシーから期限付き移籍のムソンダ、デビュー戦で観衆から喝采を浴びる

 今冬の移籍市場も閉幕が目前。

 移籍が成立した選手たちは新天地デビューを飾り始めているが、かつて元日本代表MF中村俊輔も所属したスコットランドの強豪セルティックで、ベルギーが誇る次代の“ドリブルキング”が移籍後初めてピッチに立ち、いきなり自慢のテクニックを発揮し、海外メディアから「ヒーローとして歓迎された」と称賛されている。

 チェルシーの下部組織で育ったMFチャーリー・ムソンダは、2013年にプロ契約。出番のないまま、16年にスペイン1部のベティスにレンタル移籍となり、2年間で24試合1ゴールの成績を残した。17年にチェルシーに復帰し、同年9月に行われたリーグカップ(カラバオカップ)3回戦ノッティンガム・フォレスト戦でチェルシーでの公式戦初ゴールを記録している。

 今季はリーグ戦でも“チェルシーデビュー”を飾り、現地時間20日の第24節ブライトン戦など3試合に出場。しかし、プレー時間は計34分間にとどまるなど、母国ベルギーの先輩エデン・アザールら強力なタレントの壁を越えられずにいた。そうしたなか、29日にスコットランドの強豪セルティックに、18カ月間の期限付き移籍で加入することが決定した。

 現地時間30日の本拠地ハーツ戦(3-1)で早速デビュー戦を迎え、後半17分にスコットランド代表MFジェームズ・フォレストに代わって途中出場。出場から4分後には、右サイドで小刻みにボールタッチしながらボールをキープし、駆け上がってきた味方に鮮やかなヒールパスを通して会場を沸かせた。同43分にも的確なチップキックで相手最終ラインの裏のスペースにボールを出すなど、攻撃に厚みをもたらした。

同胞ボヤタも太鼓判「才能あふれるタレント」

 上々のデビューを飾った21歳のアタッカーに対し、ベルギー紙「Het Nieuwsblad」は「ムソンダはセルティックのヒーローとして歓迎され、即座にスキルを証明した」と称賛。スコットランドリーグは公式YouTubeチャンネルで「ムソンダはセルティックデビューで眩い輝きを放った」とヒールパスの動画を公開している。

 また、スコットランド紙「ヘラルド」では、同僚のベルギー代表DFデドリック・ボヤタのコメントを紹介。「僕はチャーリーが14歳か、15歳の時から知っている。彼はとても才能あふれるタレントだし、今日も短い時間の中でスキルとクイックネスを示した。彼は(グラスゴーの)パークヘッドで輝きを放つことができる」と後輩の活躍に太鼓判を押している。

 ベルギーが誇る次代の“ドリブルキング”は、初挑戦のスコットランドでプレーヤーとしてひと皮むけることができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images