たむらけんじ『吉本興業』公式サイトより

写真拡大

 コインチェック社の仮想通過「NEM」の流出事件で、「250万円の流出被害にあった」とTwitterで報告したお笑い芸人の藤崎マーケット・トキ。29日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)に意気消沈した様子でVTR出演し、仮想通貨の取引を始めたきっかけは、芸人の先輩・たむらけんじの一言だったと告白した。

 なんでも、トキはたむらから「(仮想通貨の投資を)してないの? すごく儲かるらしいよ」と言われ、始めたそう。最初は1万円を投資し、それがうまいこと2倍、3倍になり、調子に乗ってさらに投資してしまったとのこと。たむらの一言に踊らされてしまったようだ。

 たむらといえば、昨年末に自身の経営する焼肉屋「炭火焼肉たむら」の蒲生本店で、仮想通貨の決済を導入し、いち早く仮想通貨に目を付けていた人物。お笑い界でも、“仮想通貨通”として知られていた。

「トキのTwitterでの発言後、『ワイドナショー』(フジテレビ系)でダウンタウン・松本人志が、『仮想通貨に投資した』と告白していました。その裏では、たむらが芸人仲間に仮想通貨を薦めまくっていたようです」(週刊誌ライター)

 近年は平成ノブシコブシ・吉村祟らが仮想通貨への投資を告白。芸人の間で「仮想通貨ブームが到来か!?」と言われていたが、このブームを作り出したのは、どうやらたむらだったようだ。

 そして、そんなたむらに芸能界追放の危機が訪れる可能性が浮上している。

「今回のコインチェックの事件で、薦めた芸人からの袋叩きに遭うかもしれません。現にトキは『ノンストップ!』で、『次、会ったら、蹴っちゃったりするかもしれない』と言ってましたから。同じ思いを持った芸人はたくさんいるでしょう。また、批判の的になったあの『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の“放送終了報告フライング事件”という余罪もある。今後、芸能界から距離を置かれる可能性もあるでしょう」(同)

 経営者としては成功しているかもしれないが、芸能界では地位が危うくなりそうな予感。NEM流出事件以上の痛手になってしまいそうだ。