LINEモバイル

写真拡大

 LINEモバイルとソフトバンク31日、LINEモバイルが運営するMVNO事業「LINEモバイル」に関する戦略的提携を進めることについて基本合意したと発表した。

 今回の提携は、LINEモバイルが実施する第三者割当増資をソフトバンクが引き受ける資本提携と、MVNO事業推進のための業務提携から成る。詳細は今後の両社協議により決定されるが、これによってLINEモバイルは、LINE株式会社とソフトバンクの下で事業をおこなうことになる。なお、取引完了時の出資比率はLINE49%、ソフトバンク51%となる予定。同取引は2018年3月頃完了する見込みだという。

 なお、現在LINEモバイルを利用しているユーザーはこれまでどおりサービスを利用することができるとのこと。