主催イベントの苦しい事情を明かした堀江貴文氏 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 実業家の堀江貴文氏が31日、都内で『ホリエモン万博』に関するメディア発表会に出席。2月3・4日に東京・六本木で開催される“分散型都市フェス”を主催する堀江氏は「集客目標は1万人です。でも、まだ全然集まっていません。今のままでは大赤字です」と苦しい事情を明かし、「皆さん、助けてください」と呼びかけた。

【写真】R-1にも出場した芸人ホリエモン

 イベント、展示、飲食、参加型の30以上のコンテンツを用意した『ホリエモン万博』は、堀江氏自身が好きなことだけを集め、六本木エリア27会場で開催。昨年『ホリエモン祭』を開催した際には「1000人目標で1500人集まった」ようで、「今年は10倍いくぞーと言っていた。大風呂敷を広げすぎましたね」と苦笑した。

 開催中には、乙武洋匡氏、鈴木おさむ氏、さだまさしらが参加する『怒涛の講演会』、山田孝之らが参加する『CAMPFIRE映画祭』、フリースタイルラップと人狼ゲームをコラボさせた『軟式globe × ラッパー人狼』などのほか、堀江氏を見ながらかぶりつくプレミアム恵方巻『ホリエ方巻』(2万円相当)の販売などを行う。なお、期間中は、SHOWROOMにて堀江氏に39時間密着した番組も放送される。

 堀江氏が『R-1ぐらんぷり』2回戦敗退のリベンジを果たすべく芸人ホリエモンとして出場する『節分豆まき!H-1お笑いネタ祭2018』も紹介され、堀江氏は「2回戦もどっかんどっかんうけていたのに落ちちゃったので、今回特別に披露します」と意気込んだ。

 また、仮想通貨取引所「コインチェック」で、不正アクセスにより仮想通貨「NEM」約580億円相当が外部流出した問題で、ホワイトハッカーと言われているJK17に向けてツイッターで出演依頼をしていたが、断られたといい、「残念です。人前に出てくるような方ではないみたい」と話した。

 『ホリエモン万博』は2月2・3日、東京・ベルサール六本木をメイン会場に、V2 TOKYO、nicofarreなどで開催。