錦織圭、2回戦は世界ランク162位と[ATPチャレンジャーダラス]

写真拡大

右手首故障からの完全復活を目指し、「ATPチャレンジャーダラス」に出場中の錦織圭(日本/日清食品)。復帰後初勝利を1回戦であげたが、2回戦の対戦相手がマティアス・バッキンガー(ドイツ)に決まった。

錦織は、2017年の8月に右手首の怪我でツアーを離脱。約5カ月ぶりに、1月24日に「ATPチャレンジャー ニューポートビーチ」で復帰戦に臨み、デニス・ノビコフ(アメリカ)を相手に1回戦で敗退していた。

今回、復帰から2大会目となった「ATPチャレンジャーダラス」の1回戦でもノビコフと対戦し、6-3、6-3で復帰後初勝利を挙げており、2回戦の勝利にも期待が高まっている。

2回戦の対戦相手となるバッキンガーは、30歳のランキング162位の選手で、堅実なストローク力をベースにしている。2011年にはバンコクの大会でベスト8に進出するなどしてこれまでの最高位である85位を記録した経緯もある。

最近の戦績では、「全豪オープン」に予選から出場し、本戦入りを果たし、ダビド・ゴファン(ベルギー)と対戦。結果は、7-6(3)、3-6、2-6、4-6だった。

両者は、2月1日(日本時間)に対戦する予定だ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は右手首の怪我からの復帰戦となった「ATPチャレンジャーニューポートビーチ」でプレーする錦織
(Photo by Jeff Gross/Getty Images)